中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

在北京米国大使館が主催する米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗。(AP Photo/Andy Wong)


 シンクタンク、ランド研究所が15日に発表した報告書によると、中国とロシアは、米国を弱体化させ、世界中で中国とロシアが描いたシナリオを推進する目的で、新型コロナウイルスパンデミック(世界的大流行)に関する偽情報を広めたという。  

 報告書によると、偽情報は「立証された真実」をめぐる激しい論争を招いた。報告書はこれを「真実の崩壊」と呼んでいる。それによって、一般に事実や分析とされていることへの疑念が深まった。  

 報告書は、「真実の崩壊は、米国内および国際的な安全保障にとって深刻な脅威であり、さまざまな国の悪質なアクターによる悪意ある行動によって促進された」と指摘している。  

 報告書はまた、「ソーシャルメディア上の偽情報の多くは、比較的少数の悪意あるユーザーによって拡散されている」と結論付けている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中国の「要求リスト」拒否、バイデン米政権の強硬姿勢は変わらず

(2021年11月17日)

中国、感染拡大で新監視システム

(2021年11月14日)

中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

増強進む中国海軍 揚陸艦配備で遠征能力向上、艦艇460隻に -米年次報告

(2021年11月11日)

本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月05日)

中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

中国サイバー攻撃大規模化か ネット新規格の危険性

(2021年10月24日)
→その他のニュース