中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

在北京米国大使館が主催する米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗。(AP Photo/Andy Wong)


 シンクタンク、ランド研究所が15日に発表した報告書によると、中国とロシアは、米国を弱体化させ、世界中で中国とロシアが描いたシナリオを推進する目的で、新型コロナウイルスパンデミック(世界的大流行)に関する偽情報を広めたという。  

 報告書によると、偽情報は「立証された真実」をめぐる激しい論争を招いた。報告書はこれを「真実の崩壊」と呼んでいる。それによって、一般に事実や分析とされていることへの疑念が深まった。  

 報告書は、「真実の崩壊は、米国内および国際的な安全保障にとって深刻な脅威であり、さまざまな国の悪質なアクターによる悪意ある行動によって促進された」と指摘している。  

 報告書はまた、「ソーシャルメディア上の偽情報の多くは、比較的少数の悪意あるユーザーによって拡散されている」と結論付けている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)
→その他のニュース