国防長官「地域の緊張高める」中国の極超音速兵器、新たな脅威へ対応迫られる

(2021年12月6日)

2019年10月1日、北京で行われた共産党中国建国70周年記念パレードで、DF-17弾道ミサイルを積んだ中国軍車両(AP Photo/Ng Han Guan, File)


 オースティン米国防長官は、中国が7、8月に極超音速兵器の試験発射を実施したことについて、「地域の緊張を高める」と懸念を表明した。中国はすでに極超音速中距離弾道ミサイル「東風17」を配備したことが伝えられており、米国は、軍備増強を進める中国の新たな脅威への対応を迫られている。

 オースティン氏は今月初め、訪問先の韓国ソウルで、中国が7月27日に行った極超音速兵器の試射について、「米国が中国を、ペーシングチャレンジ(米国の安全保障政策を左右する主要な脅威)と考える根拠がさらに明確になった」と述べ、強い警戒感を示した。

 7月の極超音速ミサイルの試射では、「部分軌道爆撃システム」(FOBS)」と呼ばれる旧ソ連が開発した技術が使われたとされている。

 宇宙軍のサルツマン作戦副部長は先月末、この試射について、地球周回軌道上のFOBS兵器のテストだったと指摘。「軌道上に長時間にわたってとどまることができ、その後、軌道から外れて、飛行経路に入る」ため、迎撃は非常に困難との見方を示した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)

対中法案、大部分が不成立 米両院通過はわずか3本

(2021年12月29日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)
→その他のニュース