コロナ関連給付が中国・ロシアに流出?下院共和党が調査を要求

(2021年12月10日)

2021年7月29日(木)、ワシントンで行われたテキサス州での投票権に関する公聴会で発言する下院監視改革委員会のジェームズ・コーマー議員。(AP Photo/Jacquelyn Martin)


 共和党の上級調査官らは月曜日、バイデン政権に対して、COVID-19大感染との関連で失業した米国市民に給付されるはずの血税が、如何なる経路で中国またはロシアのシンジケートに盗まれたかについて回答を要求した。

 下院監視改革委員会で共和党トップのジェームズ・コーマー議員(ケンタッキー州)と、同委員会メンバーのスコット・フランクリン議員(フロリダ州)が主張する調査とは、もともとワシントンタイムズが報道した内容を後追いしたものだ。タイムズの報道では、大感染によって米国政府が給付した失業関連の資金のうち約1400億ドルが、中国、ロシアまたはそれ以外の国の支援を受けた詐欺シンジケートに流れたというものだ。

 司法省の当局者は先月、議会への報告で、COVID-19関連の詐欺で被害総額約10億ドル相当の各種容疑について訴訟を起こしたことを明らかにした。しかしコーマー・フランクリン両議院が、リサ・モナコ司法省副長官に送った書簡では、さらに数千億ドル相当の被害が計上されていないと指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)

サプライチェーンの混乱、中国のコスト上昇で製造業の仕事が米国に「リショアリング」される

(2021年12月31日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

バイデン政権では半導体不足の解消に数年かかる

(2021年12月25日)

バイデン政権、気候変動法案が崩壊寸前、燃費基準を引き上げ

(2021年12月24日)

民主党、大統領による1.75兆ドルの「ビルド・バック・ベター法案」の挫折を受け入れず

(2021年12月23日)

バイデン氏、テキサス州中絶法めぐり最高裁を非難

(2021年12月18日)
→その他のニュース