中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)

ニューヨーク市のタイムズスクエアにあるナスダックマーケットサイトの画面に表示されるFacebookのロゴ。 (AP Photo/Richard Drew, File)


 米フェイスブック(FB)は、中国政府関係者らが、架空の生物学者の偽アカウントを使って、新型コロナウイルスの発生源は武漢ウイルス研究所ではないという主張を世界に拡散するための情報操作を行っていたとする調査結果を公表した。

 FBが11月に公表した報告によると、この情報操作による影響工作に524件のアカウント、20㌻、4グループが関わっていたとして削除したという。

 報告によると、工作が始まったのは7月24日。この日、「ウィルソン・エドワーズ」と名乗る実在しないスイス人生物学者が、FBとツイッターに、米政府は新型コロナの発生源は中国だと主張するよう世界保健機関(WHO)に圧力をかけていると投稿した。

 2日後には、この投稿に同調する数百件の偽アカウントが現れ、1週間足らずで、環球時報、人民日報など中国国営メディアが、米国がWHOを「脅した」と報じた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)
→その他のニュース