米国防権限法案、エコヘルスへ資金提供を禁止 中国・武漢ウイルス研と協力

(2021年12月17日)

2021年2月3日のファイル写真で、中国湖北省の武漢に世界保健機関(WHO)のチームが現地視察に到着した後、警備員が武漢ウイルス研究所からジャーナリストを遠ざける。武漢でコロナウイルスの起源を調査している専門家チームのメンバーによると、中国側は訪問と面会を要求したすべての現場と人員への完全なアクセスを許可したという。(AP Photo/Ng Han Guan, File)


 米国防予算の大枠を定める国防権限法案に、ニューヨークを拠点とする非政府組織(NGO)エコヘルス・アライアンスの中国での活動に対する国防総省の資金提供を禁止する条項が含まれていることが明らかになった。エコヘルスは、コウモリから採取したコロナウイルスの研究をめぐって中国の武漢ウイルス研究所(WIV)と密接に協力していたことで知られている。

 法案は15日に上院を通過。下院は既に通過しており、大統領の署名で成立する。

 国防総省は、国防脅威削減局(DTRA)を通じてエコヘルスに資金提供していたのではないかとみられている。

 エコヘルスはこれについて取材に応じていない。

 下院軍事委員会による同法案に関する報告によると、同委は、来年1月1日までにエコヘルスとその関連団体との間の国防総省の契約すべての内容について説明するようオースティン国防長官に求めている。また、新型コロナウイルスの発生源との疑惑が指摘されているWIVへの資金提供があったのかどうかについても明らかにするよう要求した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年01月20日)

「コロナは武漢で作られた」米非営利組織が計画主導 米軍研究者

(2022年01月15日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)

中国が世界に商港を拡大へ 海外の軍事拠点として活用か

(2022年01月07日)

バイデンの約束違反 公約違反の1年

(2022年01月05日)

中国軍、「脳制御」兵器を研究 意識支配し「戦わずに勝つ」

(2022年01月01日)

オミクロン拡大で休日の数千フライトがキャンセル

(2021年12月28日)

ロシアのウクライナ侵攻は、米軍をロシアに対峙させる、米当局が警告

(2021年12月27日)

米国防総省の「対中アプリ」は融和政策の表れ

(2021年12月26日)

中国 生物学者装いコロナ情報操作、FBが偽アカウント削除

(2021年12月10日)
→その他のニュース