米露電話会談、ウクライナめぐる緊張緩和につながらず

(2022年1月5日)

2021年12月30日木曜日、ジョー・バイデン大統領がデラウェア州ウィルミントンの私邸から、ロシアのプーチン大統領と電話で話している。ホワイトハウス提供


 バイデン大統領とロシアのプーチン大統領は12月30日に1時間近く会談した。ロシアは、ウクライナ国境沿いに軍を集結させ、紛争を避けるには西側の大きな譲歩が必要と主張、緊張緩和にはつながらなかった。

 バイデン氏は、経済制裁を強化し、ロシアの近隣諸国で北大西洋条約機構(NATO)軍を増強すると脅した。プーチン氏は、さらなる制裁は「重大な誤り」だと警告した。

 電話会談は、米露当局者が1月、ウクライナ、NATO、欧州安全保障などに関する一連の重要な直接交渉に備える中で行われた。バイデン氏にとって、危機の拡大と東欧での紛争が現実味を帯びていることは、重大な外交課題であり、大統領としての今後の動向にも影響が及びうる。

 しかし、バイデン氏は、外交によってこれ以上の流血を防ぐことができると確信しているようだ。

 政府高官によれば、10万人近いロシア軍がウクライナとの国境に駐留する中、両首脳は1カ月足らずで2度の会談をしたが、歓談はほとんどなかったという。

 モスクワで真夜中過ぎに終了した50分の電話会談の後、政権高官は記者団に「両大統領の会話の調子は真剣で実質的だった」と語った。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


G7サミット、主要議題はウクライナ侵攻と中国の影響力

(2022年07月02日)

ジェイク・サリバン氏、ウクライナの新支援策に防空システムを含むと発言

(2022年07月01日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)

ロシア ウクライナ支援阻止狙い偽情報

(2022年06月16日)

ロシア軍、数週間ぶりに首都キーウ攻撃

(2022年06月11日)
→その他のニュース