米、インフラの警戒強化呼び掛け ウクライナへのサイバー攻撃受け

(2022年1月20日)

2017年9月29日、モスクワのクレムリン。連邦政府の主要なサイバーセキュリティ機関は、ロシアのウクライナに対するサイバー攻撃の疑いを受け、米国の重要インフラネットワークのコンピューターネットワーク管理者に対し、電子攻撃に対するセキュリティを直ちに強化するよう促している。(AP写真/Ivan Sekretarev)


 米政府は、ウクライナへのサイバー攻撃を受けて、米国内のインフラネットワークのセキュリティーを直ちに強化するよう呼び掛けた。

 国土安保省サイバー・インフラ安全局(CISA)は18日、電力、金融、通信など重要インフラのネットワーク管理者に向けた声明で、「国内の全機関は、サイバー攻撃の脅威にさらされている。重要施設が破壊され、公共の安全に影響を及ぼす可能性がある」と、警戒の強化へ直ちに行動するようを求めた。

 軍事アナリストらは、ロシア軍がウクライナに侵攻する際には、情報戦、敵の情報システムを混乱させるためのサイバー攻撃も同時に行われるとみており、ウクライナを支持する北大西洋条約機構(NATO)加盟国など欧米諸国も標的となる可能性がある。米マイクロソフト(MS)も13日にウクライナ政府を標的としたサイバー攻撃を検知、警戒を呼び掛けている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)

バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年04月10日)

核兵器の維持要請 米欧州軍司令官 バイデン政権に-上院委

(2022年04月03日)
→その他のニュース