ウクライナ危機、台湾に影響も 北京五輪直後の侵攻懸念

(2022年1月30日)

ジョー・バイデン大統領(中央)は2022年1月22日(土)、メリーランド州キャンプ・デイビッドで、ロシアのウクライナに対する攻撃的行動について、国家安全保障チームや高官とオンライン会談している。(The White House via AP)

By Joseph Clark – The Washington Times – Thursday, January 27, 2022

 欧米諸国が、ロシアによるウクライナ侵攻を許せば、中国も台湾侵攻へと自信を強めるのではないかと懸念が高まっている。

 米下院外交委員会のマコール筆頭委員(共和)は、ウクライナの動向によっては、中国が自信を強め、2月の北京冬季五輪直後に台湾侵攻に乗り出すのではないかと懸念を表明した。

 シンクタンク、ヘリテージ財団の上級研究員、ブレント・サドラー氏も、「その可能性は確かにある。米政府とバイデン政権が、ウクライナでどう対応するかに懸かっている」と警告した。

 アフガニスタン撤収時の混乱、ウクライナへのロシアの高圧的な姿勢が示す通り、国際社会での軍事力、抑止力の捉え方は、国際情勢に大きく左右される。

 元駐ウクライナ米大使で、大西洋評議会ユーラシアセンター上級部長のジョン・ハーブスト氏は、「第2次世界大戦前を見れば分かるように、イタリアによるエチオピア侵攻と占領に国際社会が対応できなかったことが、ヒトラーに、今なら行けるというメッセージを与えた」と指摘した。

 ハーブスト氏は、「中国が台湾に侵攻する可能性を減らすには、ウクライナの奪取を狙うプーチン氏に苦杯をなめさせることだ」と、ロシアに対する毅然(きぜん)とした対応による侵攻の阻止の必要性を訴えている。

 またサドラー氏は、ウクライナへの軍事支援強化、東欧への駐留軍の増強で、「半年早くロシアに対して、欧米側の意思を示すべきだった」と強調、バイデン政権による「大きなミス」が現在のような危機的状況を招いたと訴えた。

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)

中国が台湾周辺で軍事演習、米の支援を非難

(2022年12月28日)
→その他のニュース