ウクライナ危機、台湾に影響も 北京五輪直後の侵攻懸念

(2022年1月30日)

ジョー・バイデン大統領(中央)は2022年1月22日(土)、メリーランド州キャンプ・デイビッドで、ロシアのウクライナに対する攻撃的行動について、国家安全保障チームや高官とオンライン会談している。(The White House via AP)


 欧米諸国が、ロシアによるウクライナ侵攻を許せば、中国も台湾侵攻へと自信を強めるのではないかと懸念が高まっている。

 米下院外交委員会のマコール筆頭委員(共和)は、ウクライナの動向によっては、中国が自信を強め、2月の北京冬季五輪直後に台湾侵攻に乗り出すのではないかと懸念を表明した。

 シンクタンク、ヘリテージ財団の上級研究員、ブレント・サドラー氏も、「その可能性は確かにある。米政府とバイデン政権が、ウクライナでどう対応するかに懸かっている」と警告した。

 アフガニスタン撤収時の混乱、ウクライナへのロシアの高圧的な姿勢が示す通り、国際社会での軍事力、抑止力の捉え方は、国際情勢に大きく左右される。

 元駐ウクライナ米大使で、大西洋評議会ユーラシアセンター上級部長のジョン・ハーブスト氏は、「第2次世界大戦前を見れば分かるように、イタリアによるエチオピア侵攻と占領に国際社会が対応できなかったことが、ヒトラーに、今なら行けるというメッセージを与えた」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース