ほぼ半数がウクライナ紛争に勝者はない-世論調査

(2022年2月1日)

2022年1月22日(土)、ウクライナのキエフにある市内の公園で訓練を行う、軍隊のボランティア部隊であるウクライナ領土防衛隊の隊員たち。ロシアの侵攻を懸念して、ここ数週間、数十人の民間人がウクライナの軍隊予備隊に参加している。(AP写真/Efrem Lukatsky)

By Jennifer Harper – The Washington Times – Tuesday, January 25, 2022

 ウクライナの運命をめぐる米露間の紛争の可能性について、警鐘を鳴らすような報道であふれ、その多くは、米軍が「厳戒態勢」に置かれていることを強調している。

 国民はどう考えているのだろうか。

 24日に米国の成人4428人を対象に行われたユーガブの世論調査「デイリー・アジェンダ」によると、米国人のほぼ半数(47%)は、ロシアが本当にウクライナに侵攻すると予想しており、不安を抱いていることが明らかになった。

 調査結果の分析には「もしこの対立が米露間の戦争に発展した場合、どちらかが勝利すると信じている米国人はほとんどいない」と記されている。

 米国成人の41%が「どちらも勝てないだろう」と考えている。その内訳は、共和党41%、無党派層50%、民主党35%だ。

 26%が「米国が勝者になる」と答え、内訳は共和党員29%、無党派層21%、民主党32%となっている。

 また、ロシアが勝つと答えた人は10%いた。共和党では10%、無党派層では11%、民主党では7%がそう考えている。

 24%の人は、どちらが勝つか分からないと回答。共和党の20%、無党派層の18%、民主党の26%がこれに同意している。

 米国がこの対立に介入する義務はあるのか。

 世論調査の分析結果は「米国はウクライナを守る義務がある(35%)か、ない(33%)か、米国人の意見は分かれている。民主党(44%)は共和党(36%)や無党派層(31%)よりも、ウクライナを守ることは米国の責任だと答える傾向がやや強い」と指摘している。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)

習主席が毛沢東の愛国衛生運動呼び掛け、「米細菌戦」プロパガンダ踏襲か

(2022年12月31日)

ウクライナ、地雷が今後の脅威に 米などが支援し除去訓練

(2022年12月30日)
→その他のニュース