中国の脅威 なお高度に FBI長官「非常に攻撃的」

(2022年2月3日)

北京の米国大使館が主催した米国大統領選挙イベントで、ホテルの外に掲げられた米国と中国の国旗。(AP写真/Andy Wong)


 海外活動家拉致も深刻

 米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は、中国の情報機関と連携するハッカーらが、米国の技術を盗み出すためにかつてない規模の情報活動を行っていると指摘、冷戦時のソ連とFBIの戦いを引き合いに出しながら、中国との新たな衝突が起きているとの見方を示した。

 レイ氏は1月31日にレーガン大統領図書館(カリフォルニア州)で行った演説で、「米国と西側諸国は従来とは違う敵国と戦っている。中国共産党だ。自由、人権、民主的規範を拒否しているという点で、表面的には旧ソ連からの脅威に似ている」と指摘。その上で、多くの米企業が中国に投資し、大量の留学生が米国に来ていること、さらには、旧ソ連よりも経済力が強大であることを挙げて、対応の難しさを強調している。

 国家安全保障局(NSA)サイバーセキュリティー局ニール・ジリング局長も今月1日、サイバー空間での中国の脅威を強調、「大量の人材が投入され、政府内のさまざまな部署にまたがっている。非常に攻撃的だ」と訴えた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)
→その他のニュース