ポーランド 米に対戦車ミサイルの供与要請

(2022年2月19日)

2022年2月11日金曜日、ウクライナのキエフ郊外にあるボリスピル空港で、アメリカによるウクライナへの安全保障支援の一環として届けられたジャベリン対戦車ミサイルを軍用トラックに積み込むウクライナ軍兵士たち。一方、ポーランド軍は今月初め、米軍のジャベリン対戦車ミサイル1000発の緊急要請を行ったが、ペンタゴンのお役所仕事は、ウクライナ軍に大量のミサイルを届ける努力を遅らせている。(AP写真/Efrem Lukatsky)


 ポーランド軍が今月初めに、ウクライナ支援のため、米陸軍の対戦車誘導ミサイル「ジャベリン」を至急、提供するよう米政府に要請していたことがワシントン・タイムズが入手した文書から明らかになった。ところが、米陸軍内の手続きの遅れで今のところ供与されたのは一部にとどまっている。

 ポーランド武器調達局のアルツール・クプテル局長は3日、ワルシャワの米大使館防衛協力局のスコット・ウォリス局長への書簡で1000発のジャベリン引き渡しを要請した。クプテル氏は書簡で「至急、必要」であることを強調、第三者への提供の許可を国防総省に求めている。「ウクライナ陸軍への移転」のためだ。

 これだけの数のジャベリンがウクライナ東部に配備されれば、ウクライナ国境付近に集結しているロシア軍の戦車、装甲車両数百両への防衛力が大幅に強化されることになる。

 駐ウクライナ米大使館は11日、ツイッターにジャベリンの写真を投稿、「(ジャベリンなどを搭載した)15機が飛来し、今後、さらに続く。(バイデン政権が承認した)90トンのジャベリン、弾薬、防衛支援だ」とツイートした。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)
→その他のニュース