ロシア、ウクライナに空軍力投入せず 兵器、熟練パイロットの不足が一因か

(2022年3月4日)

2022年1月19日(水)、ロシアのクラスノダール州で、訓練ミッションのために離陸するロシアのSu-30戦闘機。(AP写真/Vitaliy Timkiv)

By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, March 2, 2022

 ロシア軍によるうウクライナ侵攻で空軍力がほとんど投入されていないことに専門家らは当惑している。

 元米空軍中将、デビッド・デプトゥラ氏は、「航空機とパイロットを危険にさらす気はないようだ」と指摘、地上軍の投入前に制空権が掌握されなかったことに驚きを示している。

 英王立防衛安全保障研究所(RUSI)は、精密誘導弾の不足、パイロットの練度の低さと関連がある可能性があると指摘している。

 2月24日に侵攻が始まるとロシア軍は、地上配備の早期警戒レーダーをミサイルで攻撃した。ウクライナ空軍の活動を阻止するためだ。地対空ミサイルS300にも攻撃が加えられた。

 米軍の近年の定石と同様、ロシアもミサイル攻撃の次に空軍による大規模空爆が実施されるとみられていたが、実施されていない。その結果、ウクライナ軍は、トルコ製の無人機で攻撃、ロシアの地上軍に甚大な被害が出ている。

 ロシアは、シリアでの戦闘で頻繁に精密誘導弾を使用しており、長年のシリアでの戦闘で精密誘導弾の備蓄が不足している可能性がある。

 空軍の訓練不足も挙げられている。ロシア空軍パイロットの飛行訓練時間は年間100~120時間、米英軍は180~240時間だ。

 これに対し、ジム・ファネル元米海軍大佐は、プーチン大統領の心理戦の一環であり、「鉄槌(てっつい)を下すタイミングを計っている」とみている。

 北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長はポーランドに行って、(ミグ戦闘機を)ウクライナに提供しないよう求めたため、「プーチン氏は、空からの脅威はないと考えている」と指摘した。

南極でプレゼンス拡大を目指す中国

(2023年01月30日)

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国は米技術を基に核戦力増強 窃取、開発協力で情報入手

(2023年01月17日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

中国のミサイルに備えパラオに新レーダー、グアム防衛強化へ

(2023年01月11日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

NASA長官、中国の月開発警戒

(2023年01月07日)
→その他のニュース