バイデン氏の赤字削減公約の一方で、大規模社会福祉法案を推進

(2022年3月13日)

2022年3月1日(火)、ワシントンの連邦議会議事堂で、合同会議で一般教書演説を行うジョー・バイデン大統領。(Saul Loeb, Pool via AP)


 バイデン大統領が、年末までに赤字を1兆ドル以上削減すると公言したことから、予算の専門家や財政強硬派は頭を悩ませている。その一方でホワイトハウスは数兆ドルの新規支出を推し進めている。

 共和党は、バイデン氏が本気で赤字削減を考えているのなら、議会に政権の1兆7500億ドルの社会福祉・気候変動対策を復活させるよう求めることはないだろうと言う。

 共和党のマーシャ・ブラックバーン上院議員(テネシー州)は「赤字を減らしたい。支出を減らし、連邦政府の規模を縮小する」と述べた。

 バイデン氏は初の一般教書演説で、赤字削減を約束する一方で、何兆もの新規連邦支出を可決するよう議員に促し、微妙なバランスを取ろうとした。

 「今年末までに、赤字は私が大統領になる前の半分以下になる。私は、単年度で赤字を1兆ドル以上削減する史上唯一の大統領だ」

 この公約を宣伝した直後、バイデン氏は、長らく停滞している社会福祉法案の支持を改めて表明した。かつて「ビルド・バック・ベター(より良い再建)」と呼ばれていたこの法案は、現在は「ビルド・バック・アメリカ(米国再建)」と呼ばれている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース