バイデン氏、ウクライナ侵攻は民主と独裁の戦い

(2022年4月1日)

ロシアのウクライナ侵攻について演説するジョー・バイデン大統領(2022年3月26日土曜日、ワルシャワの王城にて)。(AP Photo/Evan Vucci)


 バイデン大統領は26日、ロシアに対し、北大西洋条約機構(NATO)加盟国を攻撃しないよう警告し、そのような動きがあれば、30カ国からなる軍事同盟が「全力」で対応すると述べた。

 バイデン氏はワルシャワの王城の外で演説し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領に、NATOの領土を侵犯した場合、米国と同盟国は共に立ち上がるというメッセージを送ろうとした。

 また、プーチン氏が「権力の座にとどまることはできない」とも述べ、同盟国の安全を守るという米国の約束をNATO加盟国に改めて訴えようと努めた。

 これは、バイデン氏のロシアの体制転換を求める発言としては最も踏み込んだものであり、米国のロシアに対する発言の大転換を反映している。米政府高官はこれまで、体制転換は求めないと述べていた。

 バイデン氏が、プーチン氏にもはや権力の座に留まるべきではないと発言するとすぐに、ホワイトハウス当局者が、ロシアの体制転換を要求しているのではないと述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

ウクライナ経由のロシア産燃料輸出、依然止まらず

(2022年04月24日)

ウクライナ侵攻 北極圏にも余波

(2022年04月19日)

ロシアはウクライナ西部、キーウに攻撃再開

(2022年04月18日)
→その他のニュース