バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年4月10日)

2006年にグアムのアンダーセン空軍基地に到着する前に、太平洋上を飛行するB-2ステルス爆撃機。(AP Photo/U.S. Air Force photo, Staff Sgt. Bennie J. Davis III)


 大型核爆弾退役へ

 米国防総省は、先月末に概要が公表された「核態勢の見直し(NPR)」の一環として、米軍唯一の無誘導核爆弾B83を退役させ、潜水艦発射核巡航ミサイル(SLCM-N)の開発を中止する。これには、米軍内部からも核抑止力を弱めることになると反対の声が上がっている。

 最大で1・2メガトン(広島型の約80倍)の破壊力を持つB83は、地中深くの構造物の破壊などを想定して開発された。国防総省高官がワシントン・タイムズに明らかにしたところによると、「維持に費用が掛かり、核兵器の価値が限定的」になっていることがその理由だという。

 ある当局者は、「NPRでは、敵国の堅固な地中深くの標的の攻撃を可能にすることは必要と考えている。この任務でB83の役割が減少していることを考慮に入れ、退役させることを決めた」と述べた。

 国防当局者らは、B83が退役すれば、中国、北朝鮮、ロシアなど核保有敵国への抑止が一層困難になると、退役に反対する声もある。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)
→その他のニュース