バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年4月10日)

2006年にグアムのアンダーセン空軍基地に到着する前に、太平洋上を飛行するB-2ステルス爆撃機。(AP Photo/U.S. Air Force photo, Staff Sgt. Bennie J. Davis III)

By Bill Gertz – The Washington Times – Monday, April 4, 2022

態勢見直し 大型核爆弾退役へ

 米国防総省は、先月末に概要が公表された「核態勢の見直し(NPR)」の一環として、米軍唯一の無誘導核爆弾B83を退役させ、潜水艦発射核巡航ミサイル(SLCM-N)の開発を中止する。これには、米軍内部からも核抑止力を弱めることになると反対の声が上がっている。

 最大で1・2メガトン(広島型の約80倍)の破壊力を持つB83は、地中深くの構造物の破壊などを想定して開発された。国防総省高官がワシントン・タイムズに明らかにしたところによると、「維持に費用が掛かり、核兵器の価値が限定的」になっていることがその理由だという。

 ある当局者は、「NPRでは、敵国の堅固な地中深くの標的の攻撃を可能にすることは必要と考えている。この任務でB83の役割が減少していることを考慮に入れ、退役させることを決めた」と述べた。

 国防当局者らは、B83が退役すれば、中国、北朝鮮、ロシアなど核保有敵国への抑止が一層困難になると、退役に反対する声もある。

 中国は国内に地下トンネルを張り巡らせ、その総延長は約5000㌔に達するとみられている。「地下の万里の長城」と呼ばれ、核兵器の製造、保管に使用されている。

 国防筋によると、核兵器を管理・運用する戦略軍のリチャード司令官は、B83の退役、SLCM-Nの開発中止に反対している。B83に関しては、現状では代替となる兵器がないことがその理由だ。

 下院軍事委員会戦略軍小委員のダグ・ランボーン委員も、「潜在的敵国を悩ませるツールの一つを捨てることであり、間違っている」と主張、「もっと強い核防衛態勢」が必要だと訴えた。

 B83の退役は予算削減にもそれほどつながらない。既存の核兵器の改修・延命には1億~2億㌦が必要と見積もられている。これは、今後30年間の核戦力近代化計画の費用が1兆2000億㌦であることを考えれば、それほど大きな額ではない。昨年度要求された、B83の延命予算は5000万㌦だった。

 ウォルターズ欧州軍司令官も3月30日の下院公聴会でB83の維持とSLCMーNの開発を主張、ロシアからの核の脅威に対処する立場にある欧州軍司令官にも、B83の退役について何の連絡もなかったと不満を表明した。

 またNPRは、核戦略での核兵器の役割の縮小を目指すことも明確にしたが、米国の仮想敵国は核戦力の増強を進めている。

 中国は、地下核施設を拡充する一方で、西部3カ所に大規模な大陸間弾道弾(ICBM)基地を建設、移動式ICBMの配備も進めている。

 ロシアも、核動力の巡航ミサイル、核搭載極超音速ミサイル、核搭載水中魚雷など核戦力の増強を進めており、ウクライナ侵攻では、核の使用も辞さない姿勢を見せ、北大西洋条約機構(NATO)を牽制(けんせい)している。

 ヘリテージ財団国防センターの政策アナリスト、ストパティジェーン・ゲラー氏はワシントン・タイムズへの寄稿で、核戦力の役割の縮小を目指すバイデン政権は、オバマ政権時の政策に立ち戻ることで抑止力を弱めていると指摘、「国家安全保障が最大の脅威にさらされており、米国は力を示さなければならない」と核戦力の増強を求めた。

米艦隊司令官、中国による台湾封鎖を警告

(2022年09月25日)

AIが生物兵器開発に悪用されるとグーグル元CEOが警告

(2022年09月20日)

中国の宇宙兵器は深刻な脅威 次期宇宙軍トップが危機感

(2022年09月18日)

ロシア偵察機、9月11日にアラスカ付近の防空識別圏侵入

(2022年09月17日)

中国、マーシャル諸島に接近か 太平洋島嶼国から米排除画策

(2022年09月16日)

中国 台湾侵攻で海底ケーブル遮断も

(2022年09月07日)

中国、薬物対策で協力停止 過剰摂取の増加懸念

(2022年09月03日)

中国 AI駆使し影響工作 ウイグル族弾圧報道に対抗

(2022年08月30日)

商務省、中国の航空宇宙企業に制裁

(2022年08月27日)

米VOA 台湾番組を中止、バイデン政権が働き掛けか

(2022年08月20日)
→その他のニュース