中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年5月12日)

北京で行われた共産中国建国70周年記念パレードで、弾道ミサイルDF-17を積んだ中国軍の車両(2019年10月1日撮影)。ロイド・オースティン米国防長官は2021年12月2日(木)、中国が極超音速兵器を追求していることについて「地域の緊張を高める」と述べ、米国は中国がもたらす潜在的脅威を抑止する能力を維持すると宣言した。(AP写真/Ng Han Guan、ファイル)


 中国は、核搭載可能で、迎撃が非常に困難とされる極超音速ミサイルを独自に開発しており、増強した核戦力をてこに、台湾併合を進めることを目指している-リチャード米戦略軍司令官が議会で証言した。

 リチャード氏は今月初めに上院軍事委員会で証言し、中国が開発を進める極超音速滑空飛翔(ひしょう)体について、「非常に高性能であり、このような能力を備えた国は今のところない」と警戒を呼び掛けた。

 中国が現在進めている核戦力の強化については、「中国史上最大であり、米国や1960年代のソ連を含め、歴史上最大」と強調した。

 北方軍のバンハーク司令官も3月、昨年7月に中国が実施した極超音速ミサイルの試験発射について、「配備されれば、現在の地上・宇宙配備の早期警戒能力をかいくぐることが可能になる」とその脅威の大きさを強調している。

 ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻に際し、核の使用をちらつかせたことについてリチャード氏は、「米国と同盟国は、30年以上にわたってこのような危機に直面してこなかった」と指摘、現在の戦略軍は、中露を抑止できる「最小限」の核戦力しか備えていないと危機感をあらわにしている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)

バイデン米政権 核戦力を縮小

(2022年04月10日)
→その他のニュース