ブリンケン国務長官 中国の体制転換は求めない

(2022年5月31日)

2022年5月26日(木)、ワシントンの国務省でアンゴラのテテ・アントニオ外相と会談するアントニー・ブリンケン国務長官。(AP Photo/Jacquelyn Martin, Pool)


 アントニー・ブリンケン国務長官は26日、バイデン政権は対中政策の中で外交的、経済的競争を求めるが、攻撃性を増す中国共産党の体制転換は求めないと述べた。

 ブリンケン氏はワシントンで演説し、世界で影響力を強め、ますます攻撃的になっている中国に対処するための政権の戦略について説明し、「紛争や新しい冷戦を望んでいない」と述べた。

 トランプ前政権は、中国が米国主導の民主主義・自由市場システムの弱体化に取り組んでいることを数十年ぶりに明確にしたが、バイデン大統領は、その対中政策のいくつかの要素をそのまま踏襲している。

 しかし、ブリンケン氏が26日に示した方針は、トランプ大統領の対中政策ほど対立的ではなく、世界の覇権を目指す中国の取り組みに対抗するための処方箋としては、全体的に非現実的だとする批判も出ている。

 ブリンケン氏はジョージ・ワシントン大学での演説で、米国は中国の経済拡大を阻害するような活動はせず、むしろ国際法を推進し、米国式の民主主義と人権を追求する同盟国と緊密に協力していくと述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

原子力技術者暗殺を巡るイスラエルとイランの暗闘

(2022年06月25日)

ベネズエラのマドゥロ大統領に裁きを

(2022年06月24日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

アフリカでクーデター多発、中露の影響拡大が一因

(2022年06月22日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

コーヒーメーカーまでも中国スパイ活動の道具に

(2022年06月20日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

イラン、交渉難航も核合意を望む

(2022年06月18日)
→その他のニュース