中国 偽サイトで反米情報拡散、PR会社がコンテンツ捏造

(2022年8月6日)

2022年5月26日、北京の中国共産党博物館で、中国共産党旗の彫刻の近くに立つ警備員。中国は7月30日(土)、ナンシー・ペロシ米下院議長に対し、自国領土と主張する台湾への訪問計画を中止するよう警告した後、対岸で軍事演習を実施すると発表した。(AP Photo/Ng Han Guan, File)

By Ryan Lovelace – The Washington Times – Thursday, August 4, 2022

 中国政府がPR会社を利用して、偽のニュースサイトを設けるなど、親中情報操作を行っていることを米情報セキュリティー企業のマンディアントが明らかにした。見つかった偽サイトの数は72に及ぶ。11の言語で北米、欧州、中東、アジア向けに米国に否定的な偽情報、親中プロパガンダを発信している。

 実行しているのはPR会社、上海海訊社科技で、マンディアントは、「捏造(ねつぞう)したコンテンツを使って、中国人実業家、郭文貴氏、習近平国家主席やウイグル族への弾圧の研究で知られるドイツ人人類学者、エイドリアン・ゼンツ氏ら中国政府を批判してきた人物の信頼を損ねるための活動が行われている」と指摘した。

 共和党のマルコ・ルビオ上院議員、トランプ前政権のスティーブン・バノン元首席戦略官らも標的となっており、ルビオ氏はワシントン・タイムズに、「これらのネットワークを明らかにすることは重要だ」とした上で、「中国共産党は今後も、ますます巧妙な方法で敵を中傷することは間違いない」と警戒を呼び掛けた。

 海訊は、100カ国以上、40以上の言語でコンテンツ、動画制作などを行っている。

北核実験巡り割れる観測 中国の影響力に疑念も

(2022年11月26日)

米信教の自由委員会、インドの宗教弾圧に懸念

(2022年11月25日)

バイデン氏、トルコ大統領と会談 クルド問題が依然障害

(2022年11月18日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

米副大統領、比パラワン島訪問へ 中国の反発必至

(2022年11月17日)

バイデン大統領、習主席との会談後、台湾侵攻の「差し迫った動きはない」と語る

(2022年11月17日)

海底ケーブルを守れ

(2022年11月11日)

21世紀の紛争を止める国連の限界を露呈したウクライナ戦争

(2022年11月07日)

北朝鮮、世界の関心が薄れる中、核・ミサイル開発を推進

(2022年11月05日)

「行動派」上将が中国軍事委副主席に就任

(2022年10月30日)
→その他のニュース