中国 AI駆使し影響工作 ウイグル族弾圧報道に対抗

(2022年8月30日)

2021年4月19日、中国西部の新疆ウイグル自治区カシュガルにあるイド・カ・モスクで礼拝中のウイグル族と信徒たち。中国北西部の中央アジアに面した辺境の地、新疆ウイグル自治区では、公的政策の重圧の下、イスラム教の未来が不安定に見える。外部の観測筋によると、数十のモスクが取り壊されたというが、北京はこれを否定し、地元の人々は礼拝者の数が減少傾向にあるという。(AP写真/Mark Schiefelbein)

By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, August 24, 2022

 中国は、少数派ウイグル族への弾圧報道に対抗するため、人工知能(AI)によるフェイク画像などを使って、世界に向けて影響工作を行ったり、偽情報を拡散させたりしている。米国務省の最新報告から明らかになった。

 国務省の偽情報対策部門「グローバル・エンゲージメント・センター(GEC)」が24日に公表した報告によると、中国は、「大多数がイスラム教徒のウイグル族、その他の民族的少数派に対するジェノサイド(集団虐殺)、人道に反する罪」をめぐる国際的な議論を操作するとともに、ジェノサイドは起きていないという中国政府の主張を拡散させている。

 報告は、中国が「AIで生成した高度な画像で、偽のアカウントのプロフィルを本物のように見せ掛け」、「(工作員を使った)ネット上での抑圧、嫌がらせ、脅しで反対意見を抑制」する一方、「批判に対抗する意見、陰謀論」を拡散させていると指摘した。

 報告によると、AIの一種である機械学習を使って本来存在しない画像を生成する「StyleGAN」というプログラムで、偽アカウントのプロフィル画像を作成。こうして作られた画像は、オリジナル画像がなく、偽アカウントの発見を困難にしているという。

 また、中国政府のソーシャルメディア・アカウント、政府系メディア、個人のアカウント、「(自動的にタスクを実行する)ボットクラスター」を使って、「少なくとも10以上の言語を使って世界規模で」プロパガンダを拡散させている。

 「アストロターフィング」という手法を使っていることも明らかになった。これは、草の根運動に見せ掛けて、ネット上で情報を拡散させるもので、ウイグル族は「幸せな生活を送っている」、「中国の政策によって新疆ウイグル自治区に富がもたらされている」などといった情報を流し、中国のウイグル政策が広範囲で支持されているように見せ掛けているという。

 2021年半ばには、300以上の偽アカウントを使って、ウイグル族への弾圧を否定する数千時間分の動画が政府系サイトや動画サイト、ユーチューブに投稿された。

 中国はこれらの偽アカウントを使って、ウイグル族へのジェノサイドは、米国と同盟国の作り話という主張を拡散させている。

 また最近では、共産党系メディアやボットネットワークを使って、新疆で機械による綿の収穫の画像を拡散させた。綿の収穫に「労働力は必要ない」と主張することで、ウイグル族が強制労働によって綿の収穫をさせられているという報道を否定するためだ。ウイグル族10万人が強制的に中国全域の工場に送られているという報道もある。

 報告は「(情報操作のため)中国共産党の網絡安全和信息化委員会と中央宣伝部は、約200万人を直接雇用し、さらに2000万人を市民ボランティアとして働かせている」と指摘、主に「国内と国外の中国人コミュニティー」を標的にしているという。

ウクライナ戦況一変に期待 訓練に時間、兵站への負担増も-米独供与の主力戦車

(2023年01月27日)

米欧とアジア、防衛協力を強化 日印戦闘機が初の共同訓練

(2023年01月23日)

シリア系米国人組織、バイデン政権のシリア政策を非難

(2023年01月21日)

中国は米技術を基に核戦力増強 窃取、開発協力で情報入手

(2023年01月17日)

中国の挑戦で、日本に託される新たな役割

(2023年01月14日)

中国のミサイルに備えパラオに新レーダー、グアム防衛強化へ

(2023年01月11日)

次世代の過激武装集団が2023年にカムバックする:ペンタゴンが警告

(2023年01月09日)

海外旅行を解禁した中国への対応が分かれるアジア諸国

(2023年01月08日)

NASA長官、中国の月開発警戒

(2023年01月07日)

紛争の世界が迫る三年目のバイデン政権

(2023年01月01日)
→その他のニュース