砲撃強化でロシア軍を押し返すウクライナ軍

(2022年9月5日)

ウクライナのハリコフで、ロシア軍の攻撃によりいくつかの建物が損壊した後、弾薬の種類を特定するためにクレーターの破片を集めるウクライナ軍兵士(2022年8月30日火曜日)。南部前線での戦闘の急増と、ロシア陣地への新たな攻撃というウクライナ側の主張により、戦争の流れを変えるために長い間期待されていた反撃が始まったという憶測が火曜日には広がっている。(AP写真/Andrii Marienko)

By Mike Glenn – The Washington Times – Tuesday, August 30, 2022

 ウクライナ軍は6カ月に及ぶ戦争の流れを変え、大規模なロシアの侵攻軍を撃退することはできなかったかもしれない。だが、少なくとも戦場では峠を越えた可能性がある。

 当局者によると、ウクライナ軍は過去数カ月間、主要都市を攻撃から守る一方、南部と東部ではロシア軍に屈していたが、今は敵に戦いを挑んでいる。彼らはここ数日、占領下のヘルソン地域の前線で攻撃を開始した。これは南部での反撃の始まりかもしれないと分析されている。

 ウクライナ軍部隊は8月29日、ロシア軍への砲撃の回数を増やし始めた。米国が供与する高機動ロケット砲システム(HIMARS)などの兵器を用いた長距離精密攻撃は、ロシアの重要な補給活動を混乱させている。

 「ウクライナ軍の前進の程度を確認することはまだできない」。英軍情報当局はこう語った。「しかし、8月に入ってから、ロシア軍はヘルソン周辺のドニプロ川西岸で部隊を強化するために大きな努力を払っている」

 ワシントンに拠点を置く「戦争研究所」は、毎日発行している戦闘状況の要約で、一部のロシア人の軍事ブログでさえも、現在ロシアの支配下にある三日月地帯の南端でウクライナ軍が前進していると論じているものの、戦闘状況の明確なイメージは確認できないとしている。

 「ウクライナ当局は集落の解放を認めていない。だが、一部のロシア人軍事ブロガーや西側報道機関に語った匿名の情報源によると、ウクライナ軍はヘルソン市の西部と北西部、インフレツィ川のウクライナ軍の橋頭堡(きょうとうほ)付近、ヘルソン・ドニプロペトロウシク州境の南側で幾つかの集落を解放した」と、戦争研究所は報告している。

 ロシアは公式報道で、ウクライナ軍の進攻を暗に認めたが、攻撃部隊は大きな損失を出して退却したとしている。国営タス通信によると、ウクライナ軍は攻勢の初日に1200人以上の兵士と100台近くの戦車、歩兵戦闘車両を失ったという。この数字は独自に確認することはできなかった。

 米国防総省の軍高官は8月29日、ウクライナ軍の砲撃が増加していることを認めた。

 「民主主義防衛財団」の上級調査アナリスト、ジョン・ハーディー氏は、ドニプロ川の西側地域でウクライナ軍が攻勢に出たのは確かなようだと述べた。

 「何が起きているのかはっきりしない。ウクライナはカードを胸にしまっており、検証されていない多くの主張が飛び交っている」と、ハーディー氏はワシントン・タイムズ紙に語った。半年以上前に始まった侵攻でロシアに奪われた領土をウクライナが取り戻した可能性について、「それなりに確信がある」と語った。

 「ウクライナはおそらく他の方面でも攻撃しているが、どこで何を使っているかを正確に言うのは難しい」と、ハーディー氏は述べた。

 キーウのウクライナ政府関係者は、反攻の心理的影響を認めながらも、6カ月に及ぶ残忍な戦争でひどく混乱する住民に期待を抱かせることには慎重だ。

 ウクライナ政府の上級顧問であるオレクシイ・アレストビッチ氏は、通信アプリ「テレグラム」で、ウクライナ軍はヘルソン周辺の前線で、幾つかの地域のロシアの防衛線を突き破ったと述べたが、早急な勝利宣言には警告を発した。

 攻撃は「敵をすりつぶす遅い作戦だ」とアレストビッチ氏。「もちろん、多くの人は大規模攻撃でわが軍が1時間で集落を占拠するというニュースを望むだろうが、われわれはそのような戦い方はしない。資金も限られている」

北朝鮮、中国国境に壁、コロナ・脱北を懸念か

(2023年06月02日)

ウクライナ戦争への対応めぐり米共和党内で亀裂

(2023年05月29日)

ドローン民間活用に課題山積 韓国は「技術的に優位」

(2023年05月26日)

台湾駐米代表、中国の脅威に非対称兵器で対抗

(2023年05月13日)

ウクライナ・ロシア:ハイテクを駆使した第一次大戦?

(2023年05月12日)

タイに浸透する中国のソフトパワー

(2023年05月09日)

環境保護優先、中国に甘い民主党

(2023年05月04日)

米の「核の傘」、韓国では警戒の声も

(2023年05月03日)

G7、石炭めぐり譲歩

(2023年04月27日)

韓国で北朝鮮問題への新たなアプローチ求める声

(2023年04月26日)
→その他のニュース