北朝鮮ミサイル、米防衛突破能力を保有-アナリスト

(2023年2月11日)

2023年2月8日(水)、北朝鮮・平壌の金日成広場で行われた北朝鮮軍創設75周年記念の軍事パレードで、北朝鮮政府から提供された写真で、大陸間弾道ミサイルとされるものが展示されている。北朝鮮政府が配布したこの画像に描かれているイベントを取材するための独立したジャーナリストのアクセスは許可されていない。この画像の内容は提供されたものであり、独自に検証することはできない。提供された画像の韓国語の透かしには、次のような記載がある。朝鮮中央通信の略称である「KCNA」。(朝鮮中央通信/APによる韓国通信社)

By Andrew Salmon – The Washington Times – Thursday, February 9, 2023

 北朝鮮の軍事パレードに登場した新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が、米軍のミサイル防衛を破る能力を持っている可能性があることが専門家の指摘で明らかになった。 米カーネギー財団のアンキット・パンダ上級研究員はツイッターで、「これだけの数のICBM発射台を軍事パレードで見るのは初めて」と指摘、「米国の防衛システムを圧倒」できる戦力との見方を示した。

 パンダ氏は2021年に米上院軍事委員会で、「北朝鮮は、わずか11基の再突入体で、現在の(米地上配備の防衛)システムを飽和させられる可能性がある」と指摘、本土のミサイル防衛の強化の必要性を強調していた。

 パレードには11基のICBM「火星17」が登場した。昨年初めて試験発射が実施されたばかりで、複数の弾頭を搭載可能とみられている。

 従来の火星17に加えて5基の固体燃料型とみられるICBMが参加したとみられている。固体燃料型ミサイルは、液体燃料型よりも発射までの時間を短縮でき、先制攻撃を受けにくいとされている。

 米ベルファー・センターも21年の報告で、米国のミサイル防衛網が、北朝鮮からのICBMの攻撃を阻止できない可能性があるとの見方を示していた。

北朝鮮が織り成すスパイウエアの網

(2024年06月17日)

中国指導者、親族利用し資産隠し 習主席は1000億円超

(2024年06月13日)

中国、独自の通信衛星群の配備急ぐ 米スターリンクを警戒

(2024年06月11日)

中国ハッカー、有事に重要インフラを破壊 NSA長官が警告

(2024年06月06日)

米情報機関、経済に通じたスパイ確保が急務

(2024年06月01日)

台湾緊迫、中国トップはどう決断? AIで予測可能か

(2024年05月31日)

ソフトとハードで中国に対抗を―元海兵隊司令官

(2024年05月11日)

中国軍が海洋毒を研究、生物兵器に転用か

(2024年04月27日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

第2次大戦で原爆開発の研究所、AIリスクを研究

(2024年04月16日)
→その他のニュース