北朝鮮ミサイル、米防衛突破能力を保有-アナリスト

(2023年2月11日)

2023年2月8日(水)、北朝鮮・平壌の金日成広場で行われた北朝鮮軍創設75周年記念の軍事パレードで、北朝鮮政府から提供された写真で、大陸間弾道ミサイルとされるものが展示されている。北朝鮮政府が配布したこの画像に描かれているイベントを取材するための独立したジャーナリストのアクセスは許可されていない。この画像の内容は提供されたものであり、独自に検証することはできない。提供された画像の韓国語の透かしには、次のような記載がある。朝鮮中央通信の略称である「KCNA」。(朝鮮中央通信/APによる韓国通信社)

By Andrew Salmon – The Washington Times – Thursday, February 9, 2023

 北朝鮮の軍事パレードに登場した新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が、米軍のミサイル防衛を破る能力を持っている可能性があることが専門家の指摘で明らかになった。 米カーネギー財団のアンキット・パンダ上級研究員はツイッターで、「これだけの数のICBM発射台を軍事パレードで見るのは初めて」と指摘、「米国の防衛システムを圧倒」できる戦力との見方を示した。

 パンダ氏は2021年に米上院軍事委員会で、「北朝鮮は、わずか11基の再突入体で、現在の(米地上配備の防衛)システムを飽和させられる可能性がある」と指摘、本土のミサイル防衛の強化の必要性を強調していた。

 パレードには11基のICBM「火星17」が登場した。昨年初めて試験発射が実施されたばかりで、複数の弾頭を搭載可能とみられている。

 従来の火星17に加えて5基の固体燃料型とみられるICBMが参加したとみられている。固体燃料型ミサイルは、液体燃料型よりも発射までの時間を短縮でき、先制攻撃を受けにくいとされている。

 米ベルファー・センターも21年の報告で、米国のミサイル防衛網が、北朝鮮からのICBMの攻撃を阻止できない可能性があるとの見方を示していた。

空・宇宙軍が大規模な再編計画 台頭する中国に対抗

(2024年02月19日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

全米科学財団、AI検閲ツールに数百万ドル拠出

(2024年02月11日)

中国のテレポーテーション技術に懸念―米議会諮問機関

(2024年02月09日)

中国の台湾侵攻、予測より早い可能性 次期司令官が警告

(2024年02月07日)

中国、ロシアの支援で高速炉建設 核兵器用プルトニウム生産が目的か

(2024年01月25日)

「強風と高波」台湾選挙で中国に逆風

(2024年01月19日)

進む中国の宇宙戦争計画、ミサイルで米衛星無力化

(2024年01月10日)

中国のスパイ気球は米プロバイダー通じ本国に情報

(2024年01月01日)

「パラサイト」出演俳優が死亡 高い韓国の自殺率

(2023年12月29日)
→その他のニュース