進む中国の宇宙戦争計画、ミサイルで米衛星無力化

(2024年1月10日)

新華社通信が公開した写真で、2023年4月16日(日)、中国北西部甘粛省九泉市の九泉衛星発射センターから、人工衛星「豊雲3号07」を搭載した長征4号Bロケットが飛び立った。中国が人工衛星を搭載したロケットを打ち上げ、破片が首都台北の北の海域に落下したため、台湾北部からのフライトは日曜日に遅延した。(Wang Jiangbo/Xinhua via AP)

By Bill Gertz – The Washington Times – Thursday, January 4, 2024

 米諜報機関の公式報告書によると、中国の宇宙戦争計画には、米国の衛星システムを混乱させ無力化するためのサイバー攻撃や電波妨害、将来的には米軍の宇宙センサーをつかみ破壊する小型ロボット衛星が含まれている。

 情報分析部門である国家情報会議(NIC)のクリスティン・バーク宇宙担当副国家情報官によると、中国は3種類の衛星攻撃ミサイルで全軌道上の衛星を爆破できる。また、これらのミサイルは、習近平国家主席が率いる中国共産党中央軍事委員会の管理下にあり、抑止力を代表しているという。

 バーク氏は昨年12月11日の報告書で中国の宇宙戦能力の新たな詳細を明らかにし、宇宙サイバー戦争、電波妨害、衛星への指向性エネルギー攻撃を担当する人民解放軍(PLA)部隊を特定した。報告書はまた、道路移動式衛星破壊ミサイルで武装したPLA基地と部隊の位置を明らかにした。

 この報告書は機密指定されておらず、PLAの軍事・技術的文書に基づいて作成された。米国の軍事計画立案者が、中国の宇宙戦施設を把握し、軍事演習で中国との紛争に十分に備えられるようにするために書かれたものだ。79ページの報告書「PLA対宇宙指揮統制」は、空軍中国航空宇宙研究所が発行した。

 習氏は2012年、PLAミサイル部隊への演説で、軍は「地上配備の衛星攻撃作戦部隊の編成を強化し、計画に従って戦闘能力を形成しなければならない」と強調した。

 中国の最も危険な戦略宇宙兵器は3種類の衛星攻撃ミサイルで、報告書ではDN1、DN2、DN3と名付けられ、その一つは道路移動式発射台に搭載されている。ミサイルは低・中・対地同期の三つの軌道すべてに到達できる。

 地球の約3万5800㌔上空の対地同期軌道には、多くの偵察衛星と全地球測位衛星が配置されている。その軌道上の衛星への攻撃は、宇宙ごみ(デブリ)を発生させ、6000基以上の軍事・民間衛星を危険にさらす可能性がある。

 PLAは2018年から衛星破壊ミサイル攻撃の訓練を行ってきた。報告書には、中国西部での衛星攻撃ミサイル演習の写真が掲載され、有事には中央軍事委員会に新設された合同作戦指揮センターが、衛星に対する宇宙攻撃を開始するかどうかを決定するという。

 PLAは2007年に気象衛星を破壊するミサイル発射実験を行い、何万ものデブリを発生させた。その後、衛星攻撃計画を変更したようだ。PLAは2014年7月、2度目の衛星攻撃兵器(ASAT)のテストを行ったが、デブリは発生しなかった。

 報告書によると、中国はASATミサイルを使って、自国の衛星への攻撃を抑止することを計画している。PLA空軍またはロケット軍が、戦略支援部隊宇宙システム部門の支援を受けて、抑止演習を実施しているとみられている。

 「(直接上昇)ASATミサイルが予想よりさらに多くの場所に配備される可能性がある一方、このミサイルを保有するPLAの第一の目的は確実な抑止力を確保することであり、中央軍事委員会だけが使用の判断を慎重に下すことになる」と報告書は指摘している。

空・宇宙軍が大規模な再編計画 台頭する中国に対抗

(2024年02月19日)

中国人技術者、ミサイル技術窃取で逮捕

(2024年02月13日)

全米科学財団、AI検閲ツールに数百万ドル拠出

(2024年02月11日)

中国のテレポーテーション技術に懸念―米議会諮問機関

(2024年02月09日)

中国の台湾侵攻、予測より早い可能性 次期司令官が警告

(2024年02月07日)

中国、ロシアの支援で高速炉建設 核兵器用プルトニウム生産が目的か

(2024年01月25日)

NSAの元工作員、エプスタイン氏はイスラエルの組織の一員だった

(2024年01月12日)

中国のスパイ気球は米プロバイダー通じ本国に情報

(2024年01月01日)

米軍、太平洋地域での多国間演習を増強

(2023年12月20日)

AIでサイバー攻撃のスキルが向上、専門家が懸念

(2023年12月18日)
→その他のニュース