米国内


聖書への信頼低下、「神の言葉」と考える人20%

(2022年7月12日)
 米国民の聖書に対する信頼がかつてないほど下がっている。調査会社ギャラップが6日、明らかにしたところによると、聖書は文字通りの神の言葉と考える人はわずか20%に低下した。
 ギャラップによると、29%が、聖書は「寓話(ぐうわ)、伝説、歴史、道徳的教えであり、人が記録したもの」と考えている。聖書が神の言葉と信じる人が、そうでない人を下回るのは初めて。 →続き

バイデン氏、警官の自殺増に沈黙

(2022年7月11日)
 自殺が、全米の警察の間で静かに流行しており、今年の警官の死因の第1位となっている。不満を募らせている警察支援者と精神衛生専門家は、バイデン大統領がこの危機を無視しただけでなく、反警察の発言で危機を悪化させたと警告している。
 バイデン氏は30年以上にわたる上院議員生活の中で、かつては警察の忠実な味方だったが、治安に関しては微妙な立場を取っている。左派の警察予算削減運動には反発しているが、民主党の進歩的な支持層や黒人有権者と対立することを恐れて、警察を支持する公のコメントはほとんどしていない。 →続き

ソロスが応援する民主党の検事たち、中絶法に従わないと声明出す

(2022年7月10日)
 犯罪者にやさしい、と批判され、ソロス氏の応援を受けてきた検察官の中には、「ロー対ウェイド」判決が崩壊した後の各州の中絶法施行を拒否する者が出ている。
 民主党への大口献金者ジョージ・ソロス氏から、検察業務への選任キャンペーンで支援を受けた20人以上を含む、各州の左系の司法長官や地方検事ら90人は、中絶法違反者に対して刑事告発をしない、との共同声明に署名した。 →続き

下院民主党、中間選挙を前に「トランス権利章典」を提示

(2022年7月8日)
 80人以上の民主党下院議員が、「トランス権利章典」決議案を支持する姿勢を示した。決議案は、性自認に基づく学生スポーツチームへの参加など、連邦政府の包括的差別禁止政策の採択を求めている。
 民主党のプラミラ・ジャヤパル下院議員(ワシントン州)は、最高裁が先週、ロー対ウェイド判決を覆す判決を下し、各州で300以上の「反LGBTQ+法案」が提出されており、(心と体の性が一致しない)トランスジェンダーと(性自認が男女どちらでもない)ノンバイナリーの権利のための「包括的枠組み」が必要であると述べた。 →続き

共和党トップ、下院の過半数を獲得すればハンター・バイデン氏を調査する

(2022年7月7日)
 共和党のケビン・マッカーシー下院院内総務は、11月に共和党が下院の過半数を獲得した場合、ハンター・バイデン氏を調査すると公約している。
 カリフォルニア州選出のマッカーシー氏は、下院司法・監視委員会の共和党有力議員と共に書いたニューヨーク・ポスト紙の論説でこれを表明した。 →続き

中絶規制で州内二分、先行き不透明も多数

(2022年7月5日)
 中絶に対する憲法上の権利を認めた1973年の判決を最高裁が覆したことを受けて、今後は、170年以上に及ぶさまざまな法律が全米の各州で中絶への可否を管理することになる。
 24日に発表された「ドブス対ジャクソン女性健康機構訴訟」をめぐる最高裁判決によって、中絶の規制は各州に任せられることになる。一部の州は、中絶を制限する法律を実施することを選択し、他の州は規則を変更するか、完全に無視することを検討している。 →続き

銃規制に協力の共和党議員に反発強まる

(2022年7月3日)
 上院共和党は、バイデン大統領に数十年ぶりの連邦銃規制新法で大勝利をもたらしたが、超党派の合意と銃器に対する規制強化は、共和党内部で依然として大変な反発を招いている。
 ドナルド・トランプ前大統領は、新しい銃規制法は憲法修正第2条の権利に対する権威主義的な攻撃だと非難した。 →続き