政治


バイデン大統領の失政

(2022年1月26日)
 バイデン大統領の1年は失政に終わった。それは、彼の就任最初の1年から出された当然の結論である。大統領の政治的反対者はあざ笑いたくなるだろうが、そうすべきでない。指導者次第で、国は変わるものだ。だから、国民はむしろ、ページを繰って、米国の指導部の新たな1章が始まる将来のチャンスに備えるべきだ。大統領のしょげ返った仲間らが引き起こした混乱に対する覚悟を決めなければならない。
 バイデン氏の失敗の分析結果は、最近、キニピアック大学による世論調査で明らかにされた。その結果は惨憺(さんたん)たるもので、それによると、成人の間での大統領の支持率は、就任後最低の33%にまで急落した。民主党員の75%は依然として、党のトップを後押ししてい→続き

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年1月23日)
 民主党が、選挙改革法案を承認するために上院のフィリバスター(議事妨害)規則の特例を設ける「核のオプション」を発動すれば、投票基準のいっそうの厳格化への道を開くことになるかもしれない。
 政治専門家によれば、次に共和党が政権を握ったとき、フィリバスターを受けることなく、民主党による変更部分をもとに戻したり、国政選挙のあり様について自党の方針を押し付けたりすることは間違いない。 →続き

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年1月22日)
 米国の新興保守系インターネット交流サイト(SNS)「ゲッター(GETTR)」が、アリゾナ州で行われたトランプ前大統領の集会を機にアクセス数を伸ばしている。
 ゲッターは、トランプ陣営の上級顧問が立ち上げ、ツイッターと似た機能を持つ。保守系のニュースマックスなど三つのメディアがライブ配信した15日のトランプ氏の集会の映像を流し、視聴者数は99万人を超えた。 →続き

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年1月21日)
 共和党の議員たちは、ロシアとの緊張緩和を目指す一連の重要な交渉に当たって、バイデン大統領に対ロ強硬姿勢を求めている。
 上下両院の軍事および外交委員会の共和党幹部は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が米国および欧州の同盟国に対して攻撃的態度を強めるなかで、バイデン政権が採っている対モスクワ戦略は「宥和政策にすぎない」と指摘した。 →続き

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年1月19日)
 1月20日、バイデン大統領は、就任2年目に入る。1年前に行った就任演説で、(平和の象徴である)政治的なオリーブの枝を掲げて「私たちは、青(民主党)対赤(共和党)、地方対都市、保守対リベラルという無意味な争いを終わらせなければならない」と述べた。
 スピーチの早い段階で、彼は国民に「きょうこの時、この場所で、新たに始めようではないか」と促した。 →続き

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年1月18日)
 バイデン大統領は11日の重要演説で、上院のフィリバスター(議事妨害)規則を廃止し、共和党による米国民主主義への攻撃と戦うよう呼びかけたが、ジョー・マンチン上院議員は再びバイデン氏の計画を頓挫させる構えを見せている。
 36年間上院議員を務めたバイデン氏は、共和党が民主党による選挙改革2法案の提出を阻止したため、上院は「かつての面影を失ってしまった」と述べた。 →続き

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年1月17日)
 仮にチャールズ・E・シューマー上院議員が今も野党側のリーダーだったら、同議員は共和党の重要議題を排除すべく闘うよりは、議事妨害に血道を挙げて、共和党の議案を阻止し続けていたに違いない。
 GovTrackがまとめたデータによると、シューマー議員(ニューヨーク州、民主)は上院で務めた23年間に、議事妨害を支持して、実に500回以上も投票していた。 →続き