共和党の上院議員候補、バイデン氏は「民主主義への最大の脅威」

(2022年11月9日)

2022年11月3日(木)、ジョージア州スマーナでの選挙活動中に演説する共和党上院議員候補ハーシェル・ウォーカー氏。(AP Photo/Todd Kirkland)

By Ramsey Touchberry – The Washington Times – Sunday, November 6, 2022

 ジョージア州共和党上院議員候補のハーシェル・ウォーカー氏は6日、バイデン大統領は「民主主義にとって最大の脅威」だと述べた。バイデン氏は8日の中間選挙の数日前、プライムタイムの演説で、同様の表現でトランプ前大統領を非難していた。

 バイデン氏は、民主主義が「脅威にさらされている」と警告、「今年の投票」は有権者を投票所に向かわせて、極右候補に反対させるためのものだと述べていた。

 ウォーカー氏はFOXニュースの司会者マリア・バーティロモ氏に「民主主義への最大の脅威について話している大統領がいるが、共和党の大統領を選出することを差しているようだ。だが、私の話を聞いてほしい。そう言っている人こそが民主主義への最大の脅威だ」と述べた。

 「民主主義に対する最大の脅威は、今、民主党がこの国を率いていることだ。なぜなら、彼らはこの国を間違った方向へ導いているように見えるからだ。そして、米国はそれを見ているし、それを知っていると思う」

 トランプ氏の支持を受けるウォーカー氏は、民主党のラファエル・ウォーノック上院議員との間で、現在50対50の上院の支配権を左右しかねない選挙戦を繰り広げている。

 この選挙戦は、接戦であること、さらにはウォーカー氏がプロライフ(中絶反対派)の立場を取っているにもかかわらず、2人の女性の中絶の費用を支払ったとされていることから、全米の注目を浴びている。ウォーカー氏はこの疑惑を否定している。

バイデン再選を邪魔するインフレ

(2024年02月24日)

「民主主義を擁護」しつつ、トランプ氏の勝利を否定する民主党の計画

(2024年02月23日)

あまりに少ないハマス人質報道 バイデン政権に配慮か

(2024年02月03日)

テイラー・スウィフト頼み? 低迷のバイデン陣営

(2024年02月02日)

トランプ氏、立候補資格を争うほとんどの裁判で勝訴

(2024年01月29日)

ヘイリー氏、大統領選での勝利に自信 ニューハンプシャー予備選でトランプ氏と一騎打ち

(2024年01月23日)

リークされた与野党の国境政策に保守派が猛反発

(2024年01月20日)

バイデン大統領、判事の多様化推進 LGBT指名も

(2024年01月18日)

バイデン氏再選に黄信号 民主党に危機感

(2024年01月17日)

ギングリッチ氏、トランプ氏収監なら「全米で怒り爆発」

(2024年01月14日)
→その他のニュース