国際


北朝鮮の軍備増強 韓国で悲観的な見方強まる

(2023年11月7日)
 【ソウル(韓国)】韓国は、北朝鮮からの脅威が拡大するなか、安全保障状況の急激な悪化と外交的行き詰まりに直面、懸念が強まっている。
 遠く離れたウクライナや中東での紛争では、新型、旧型問わずミサイルや武装ドローンに対して現在の防衛システムが対処できないことが明らかになっている。その一方で、北朝鮮との生産的な対話の兆しは見られない。 →続き

レーガンならガザ紛争にどう対処するか

(2023年11月2日)
 ロナルド・レーガン氏なら、現在進行中のイスラエル・ガザ地区での紛争にどう対処しただろうか。大統領史家で作家のクレイグ・シャーリー氏がこの疑問に答えている。
 シャーリー氏はワシントン・タイムズに、「もしレーガンが今、大統領だったら、そもそもイスラエルへの攻撃は起こらなかったと思う。大統領とは、有能で、決断力があり、信念があり、そして恐れられる存在でなければならない。レーガンは、アヤトラ・ホメイニのような悪人から恐れられていた。1980年の大統領選挙戦でレーガンは、イランから人質を解放するためにいつ行動するかを明確にしていたからだ。だから、レーガンの大統領就任後、人質は解放された」と述べた。 →続き

外国技術への監視、中国が先行 元CIA職員が警告

(2023年10月29日)
 元中央情報局(CIA)職員のウィリアム・ハナス氏によると、米政府の外国技術の監視は不十分で、中国にはるかに後れを取っている。
 現在、ジョージタウン大学のアナリストであるハナス氏は下院議員らに対し、外国が科学技術をどの程度獲得しているかに関する情報機関の取り組みは悲惨な状況にあると語った。 →続き

テロへの資金提供を停止せよ

(2023年10月28日)
 人類が歩んできた歴史の道筋が一筋縄でいくことはほとんどない。しかし、罪のない人々を殺した敵に報酬を与えることを拒否することは、悲しいことにわが国政府が見落としている基本的な原則である。
 バイデン大統領は、パレスチナの人々への援助を許可することで、イスラエルに戦争を仕掛けているテロ組織ハマスに資金が流れないようにすることを怠った。 →続き

ペンス氏、人質解放へガザへ米軍を派遣すべし

(2023年10月24日)
 共和党の大統領候補マイク・ペンス前副大統領は22日、もし私がホワイトハウスにいたら、イスラム組織ハマスの手から米国人の人質を解放するためにガザ地区に軍隊を派遣すると述べた。
 ペンス氏はNBCの「ミート・ザ・プレス」で「ガザでは血に飢えたテロリストに米国民が捕らえられている。もし私が合衆国大統領だったら、統合特殊作戦軍に、世界で最も人質救出を得意とするデルタフォースや海軍のシールズを派遣するよう命じる」と語った。 →続き

米国の弱腰の外交政策がイスラエルの惨状を招く

(2023年10月20日)
 7日朝、1500人以上のイスラム過激派がイスラエル国境を越えて押し寄せ、無防備に音楽祭を楽しんでいた人々や静かな田舎町の住民に苦しみと死をもたらした。この卑劣な攻撃の残忍さは世界に衝撃を与えた。
 12月にイエメンで放映されたビデオの中で、ハマスの創設者の一人であるマフムード・アル・ザハル氏は、自らの組織の目標は、イスラエルによるパレスチナ人の扱いに対する報復を与えることだけにとどまらないと説明した。 →続き

ハマス・イラン、SNSで反イスラエル宣伝戦

(2023年10月19日)
 1400人以上のイスラエル人を殺害し、199人の人質を捕らえた10月7日の残忍な襲撃を実行したイスラム組織ハマスのテロリストに対するイスラエルの攻撃は「虐殺」であり、「弁解の余地のない戦争犯罪」であり「自衛をはるかに超えている」とされている。
 国連のマーティン・グリフィス事務次長(人道問題担当)は16日、「歴史は見ている」と述べるとともに、ガザへの本格的な地上侵攻を検討しているイスラエルに、よく考えるよう警告した。専門家らは、侵攻は近年の人類史上まれに見る規模の人道的苦痛をもたらすだろうと主張する。 →続き