米海軍を悩ます造船産業の衰退、中国との競争の足枷に

(2021年7月18日)


 米国の国内造船産業の衰退により、中国、ロシアに対抗できる海軍力を維持できるか、議員から懸念が上がっている。  

 中国は今や米国を抜き世界最大の海軍を有する。  

 米海軍はより大きな艦隊の建造を推し進めなければならないと、議員たちは党派を超えて一致している。だが、その目標達成の足枷(あしかせ)になっているのが、1990年代中頃から進む国内造船産業の縮小だ。  

 海軍は現在、原子力型の艦船をメンテナンスする公営造船所を4カ所しか運営していない。通常動力型の艦船の建造とメンテナンスを行うことが認められた民間造船所は約20カ所だ。  

 これに対し、中国はランド研究所の推計で、海軍や民間の船舶を支援する造船所を1200以上運営している。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

中国機多数が台湾識別圏に侵入

(2021年10月07日)

米空軍、兵器老朽化に危機感 新調に連邦議員らが反対

(2021年09月23日)

英豪と防衛技術で合意、バイデン氏が表明へ

(2021年09月20日)

アフガン駐留軍のトップ、大統領の撤収に反対していた

(2021年09月19日)

技術窃取防止策の廃止要求、親中大学教授ら司法省に書簡

(2021年09月16日)

米、中国との軍事交流を再開 前政権下で厳しく制限

(2021年09月13日)

バイデン、ハイテクサミットに参加している企業らにサイバー攻撃への対処案を依頼

(2021年09月02日)
→その他のニュース