米海軍を悩ます造船産業の衰退、中国との競争の足枷に

(2021年7月18日)


 米国の国内造船産業の衰退により、中国、ロシアに対抗できる海軍力を維持できるか、議員から懸念が上がっている。  

 中国は今や米国を抜き世界最大の海軍を有する。  

 米海軍はより大きな艦隊の建造を推し進めなければならないと、議員たちは党派を超えて一致している。だが、その目標達成の足枷(あしかせ)になっているのが、1990年代中頃から進む国内造船産業の縮小だ。  

 海軍は現在、原子力型の艦船をメンテナンスする公営造船所を4カ所しか運営していない。通常動力型の艦船の建造とメンテナンスを行うことが認められた民間造船所は約20カ所だ。  

 これに対し、中国はランド研究所の推計で、海軍や民間の船舶を支援する造船所を1200以上運営している。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

ルビオ、ファインスタイン上院議員、宇宙軍州兵創設法案を提出

(2022年05月15日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)
→その他のニュース