予備選で反トランプ議員に大量の刺客

(2021年8月6日)

Rep. Liz Cheney, R-Wyo., the House Republican Conference chair, speaks with reporters following a GOP strategy session on Capitol Hill in Washington, Tuesday, April 20, 2021. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


 ドナルド・トランプ前大統領を敵に回した共和党下院議員に対抗する、2022年予備選での対抗馬が増えているが、その動きは、トランプ氏の名誉挽回を求めることで大きく活気づいている。

 トランプ氏は、1月の弾劾に賛成票を投じ、2020年の選挙が不正にまみれていたという同氏の主張に異議を唱えた10人の共和党下院議員への攻撃を支援している。

 トランプ氏の弾劾に賛成票を投じた10人の共和党員のうち9人には、少なくとも1人の親トランプ派の予備選対抗馬がいる。例外は、下院ニューヨーク州第24区のジョン・カトコ議員で、トランプ氏がシラキュース地区での対抗馬を支援すると申し出たにもかかわらず、今のところそれに応えた者はいない。バイデン大統領はこの地区で10ポイント差を付けていた。

 他の九つの選挙区で対抗者が現れたことは、トランプ氏に同調する者とエスタブリッシュメントに基盤を置く者との間に依然として共和党内の溝があることを反映している。

 反トランプ派の候補者の多くは生き残るだろうと、中間選挙を注視している下院共和党議員の側近は述べた。一方で、現職議員には、油断は禁物だと注意を促している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

中絶権の州法成文化の企み

(2021年12月30日)
→その他のニュース