下院共和党議員がアフガニスタン撤退調査委員会を提案

(2021年8月24日)

U.S. Army soldiers assigned to the 10th Mountain Division stand security at Hamid Karzai International Airport, in Kabul, Afghanistan, Monday, Aug. 16, 2021. U.S. Soldiers and Marines are assisting the Department of State with an orderly drawdown of designated personnel in Afghanistan. (Sgt. Isaiah Campbell/U.S. Marine Corps via AP)


 合衆国議会下院の共和党議員二人が、アフガニスタンからの米軍撤退に関する国家調査委員会の設置を提案している。

 エリーゼ・ステファニク議員(ニューヨーク州)は金曜日に法案を提出し、ロブ・ウィットマン議員(バージニア州)が共同提案者になった。

 ステファニク議員は声明を発表し、「アフガニスタンで20年間に数兆ドルを費やし、数千人のアメリカ人の命を失ったことについて、アフガニスタンでの戦略と行動を客観的に見直すよう求める」と述べた。「世界が注視している今、我々がアフガニスタンで目の当たりにしているような展開を、米国は再び繰り返さないよう保証しなければならない。」

 ウィットマン議員は付け加えて、この委員会の目的は米国の指導者が戦略的な誤ちを繰り返さないよう支援することとともに、「米国が国家として、また同盟国として、さらに自由世界のリーダーとして成長する」ことだ、と述べた。

 二人の提案は、タリバンによるアフガニスタンでの迅速な権力奪回の結果として生まれた混沌かつ危険な状況に、米国のリーダー達が格闘しているさ中に提出されるものだ。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

キリスト教徒にとって最も危険な国はアフガニスタン

(2022年01月22日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

ミサイル配備、軍事演習をロシアと協議へ

(2022年01月16日)

中国、カザフに派兵の用意 上海協力機構が支援を表明

(2022年01月12日)
→その他のニュース