歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年9月30日)

House Speaker Nancy Pelosi, D-Calif., joined at left by Rep. Brenda Lawrence, D-Mich., holds a rally in support of President Joe Biden's "Build Back Better" for women agenda, at the Capitol in Washington, Friday, Sept. 24, 2021. (AP Photo/J. Scott Applewhite)


 議席数の差がわずかしかない下院で、5.7兆㌦の新規歳出をやり遂げるための大勝負を前に、ナンシー・ペロシ下院議長は、彼女の長い政治キャリアの中でも最も厳しい状況に置かれている。

 今週中に二つの巨額歳出法案の採決が予定されており、ペロシ氏は、バイデン大統領が強く望んでいる勝利を得るために、極左と穏健派の民主党議員を何としてもまとめなければならない。

 しかし、ワシントンの政治家は、そしてペロシ氏自身も、ペロシ氏に反対すべきではなかったと思うようになるはずだ。

 カリフォルニア州選出の民主党議員であるペロシ氏は最近、ワシントン・タイムズ紙に「厳しい戦いになるとは思っていない」と話した。

 ペロシ氏は、反抗的な議員を自分の陣営に引き戻すためのさまざまな交渉戦術を持っている。ペロシ氏の強引なやり方を直接、経験してきた民主党議員や側近は、ペロシ氏が、ニンジンをぶら下げ、腕をひねり、政治的影響力を行使して、ワシントンとそれぞれの選挙区の議員に圧力をかけてきたと話している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

FB副社長、SNSの改善へ議会に期待

(2021年10月16日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

米はAI戦で中国に負ける-空軍の元技術者が警告

(2021年10月13日)

米国市民はバイデン予算案を嫌っている

(2021年10月08日)

国境の混乱、米中部にも波及

(2021年10月01日)

公開処刑と犯罪者の身体切断、タリバンの厳罰統治が再開か

(2021年09月29日)
→その他のニュース