教育委員会に関する司法長官の覚書に共和党が反発

(2021年10月14日)

2021年10月7日、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた政策ランチョンに向かうミッチ・マコーネル上院少数党院内総務(共和党)(AP Photo/Alex Brandon)


 メリック・ガーランド司法長官の教育委員会に関する覚書に共和党員が反発していることについて、共和党のミッチ・マコネル上院院内総務も賛意を表明した。

 ケンタッキー州選出のマコネル氏は、8日にガーランド氏に送った書簡で、この覚書は誤っているとして、いくつかの点について説明を求めた。

 「あなたの覚書は威圧的であり、その主張は、ここ数カ月間に全国の教育委員会で見られた現実を反映していない」

 ガーランド氏は今週初め、教育委員会に対する脅迫や暴力の急増に「憂慮」を表明したうえで、それに対処するための戦略を練るよう連邦当局に指示する覚書を出した。この書簡は、この覚書を受けて出された。

 マコネル氏は、ガーランド氏の覚書は明確さに欠けると述べた。

 「この覚書は、教育委員らに対する脅迫や嫌がらせの 『憂慮すべき急増』に対応するとしているが、想定される加害者やこの行動の実際の根拠については指摘していない」

 また、保護者には子供の教育に関わるあらゆる権利があるとし、保護者が示した草の根的な関心を「称賛し、奨励すべき」と主張した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


サンダース氏とマンチン氏、3.5兆ドルの歳出法案めぐって対立

(2021年10月20日)

ジョー・マンチンの1.5兆ドルの突然の提案を左派は受け入れられるのか

(2021年10月18日)

反バイデン「レッツゴー、ブランドン」-右派の間で大流行

(2021年10月15日)

民主党と保守的ヒスパニック問題

(2021年10月13日)

歳出法案の表決へ党内の引き締め図るペロシ下院議長

(2021年09月30日)

「スクワッド」、移民問題で議会規則の無視を呼び掛け

(2021年09月25日)

バイデン、巨額のインフラ投資法案の中に労働組合費の控除を押し込む

(2021年09月21日)

米共和党は民主党を「社会主義者」と非難せよとギングリッチ元下院議長

(2021年09月19日)

下院民主党は、年収40万ドル未満の個人に増税はない、というバイデン公約を破る

(2021年09月18日)

バイデン氏、3.5兆ドル歳出法案めぐりマンチン、シネマ両議員と会談

(2021年09月17日)
→その他のニュース