米軍、新たな脅威への対抗で苦戦―シンクタンク報告

(2021年10月23日)

2011年5月13日、ドイツ・ヴィースバーデンの米陸軍飛行場で行われた第一装甲師団のカラーケーシングセレモニーに出席する1ADの兵士たち(AP Photo/Michael Probst, File)

By Mike Glenn – The Washington Times – Wednesday, October 20, 2021

 

 米軍は、与えられた仕事をこなすには規模が小さ過ぎるし、20年にわたるイラクやアフガニスタンでの戦闘で消耗した装備が負担になっている。

 

 米軍は、単一の大規模な地域紛争の要求には恐らく応えられるが、複合的な敵との多面的な戦争を戦うのは難しい。

 

 これは、ヘリテージ財団が毎年発表している、米国の軍隊の強さに関する最新の包括的レビューの結論だ。約600ページに及ぶ「2022年米軍事力指数」は、中国やロシアなどの攻撃的な敵対国が急速に軍備を増強している中、米軍の現状を明確に分析している。

 

 今回の報告は、バイデン大統領が1月に就任して以来、初めての米国の軍事力の評価であり、バイデン氏が引き継いだ軍は、厳しい評価を受けている。

 

 報告は、「現在の態勢のままでは、米軍は米国の重要な国益を守るための要求を満たすことができない」とした上で、誤った方向に向かっている部門も多いと結論付けている。

 

 保守系シンクタンクのヘリテージ財団によるこの調査では、空軍と新設された宇宙軍全体の即応態勢と能力は「弱い」と評価されている。陸軍は「最低限」、海軍は「最低限から弱い」、海兵隊と核抑止力だけが「強い」と評価されている。

 

 ヘリテージ財団の国防プログラム担当上級研究員で、年次軍事力指数の編集者でもあるダコタ・ウッド氏は「脅威は強いと考えている。競合国はこれらの能力増強に注力しているが、米国は複数の重要な分野で後れを取っている」と述べている。

 

 「遅れを取り戻すには、もっと予算が必要だ」

 

 ヘリテージ財団国防センターのディレクター、トム・スポアー元陸軍中将は、「米軍は老朽化しているが、近代化していない」と指摘、「米軍のハードパワーの低下は、自国を攻撃から守り、海外で自国の利益を守る能力を脅かしている」と述べた。

 

 陸軍が「最低限」と評価されたのは、「大国」を目指す中国やロシアなどの伝統的な競合国に立ち向かうための軍の再構築で、老朽化した装備が近代化に追い付いていないためだ。

 

 だが、悪いことばかりではない。ヘリテージ財団のアナリストによると、米軍は、必要とされる規模よりも約40%小さいが、陸軍の31の活動中の旅団戦闘チームのうち18チームは、最高の即応態勢にある。

 

 元海兵隊中佐のウッド氏は、「陸軍は何をすべきか分かっているが、そのために必要な予算を獲得することに苦労している」と述べた。

 

 下院軍事委員会の共和党トップであるマイク・ロジャース議員(アラバマ州)は、20年間にわたるアフガンでの戦闘任務が不名誉な形で終了し、国防総省が動揺している今、軍事力指数の発表は絶好のタイミングだと述べた。

 

 ロジャース氏は、「8月にアフガンで見たものは悲惨だった。この政権の文民指導部が下した決定は、13人の軍人を死に至らしめた。バイデン大統領は、この災難について何の責任も取らず、誰にも責任を負わせていない」と主張した。

中国は米技術を基に核戦力増強 窃取、開発協力で情報入手

(2023年01月17日)

中国のミサイルに備えパラオに新レーダー、グアム防衛強化へ

(2023年01月11日)

対北交渉停滞「外交は死んだ」、核放棄へ新たな取り組みを-米専門家

(2023年01月08日)

NASA長官、中国の月開発警戒

(2023年01月07日)

議会、バイデン政権の核削減を拒否

(2022年12月12日)

中国が宇宙に兵器配備を計画か 衛星破壊能力も強化へ-米報告

(2022年12月08日)

米軍無人機の呼称に変化 ポリコレを考慮か

(2022年12月03日)

中国が衛星追跡レーダー公開 宇宙戦能力を強化、友好国に売却も

(2022年11月20日)

中国、航空ショーで最新鋭戦闘機を披露

(2022年11月13日)

沖縄のF15撤収、米共和党 「戦闘力低下」を懸念

(2022年11月12日)
→その他のニュース