米軍、新たな脅威への対抗で苦戦―シンクタンク報告

(2021年10月23日)

2011年5月13日、ドイツ・ヴィースバーデンの米陸軍飛行場で行われた第一装甲師団のカラーケーシングセレモニーに出席する1ADの兵士たち(AP Photo/Michael Probst, File)


 米軍は、与えられた仕事をこなすには規模が小さ過ぎるし、20年にわたるイラクやアフガニスタンでの戦闘で消耗した装備が負担になっている。  

 米軍は、単一の大規模な地域紛争の要求には恐らく応えられるが、複合的な敵との多面的な戦争を戦うのは難しい。  

 これは、ヘリテージ財団が毎年発表している、米国の軍隊の強さに関する最新の包括的レビューの結論だ。約600ページに及ぶ「2022年米軍事力指数」は、中国やロシアなどの攻撃的な敵対国が急速に軍備を増強している中、米軍の現状を明確に分析している。  

 今回の報告は、バイデン大統領が1月に就任して以来、初めての米国の軍事力の評価であり、バイデン氏が引き継いだ軍は、厳しい評価を受けている。  

 報告は、「現在の態勢のままでは、米軍は米国の重要な国益を守るための要求を満たすことができない」とした上で、誤った方向に向かっている部門も多いと結論付けている。  

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

増強進む中国海軍 揚陸艦配備で遠征能力向上、艦艇460隻に -米年次報告

(2021年11月11日)

本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月05日)

中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)
→その他のニュース