本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

2021年10月15日、中国北西部のJiuquan Satellite Launch Centerで、「神舟13号」による有人宇宙飛行に向けて出発する前に手を振る中国の宇宙飛行士。(Li Gang/Xinhua via AP)


 中国は宇宙空間での最強の軍隊として米軍を出し抜く危険性がある - 設立して二年目の米国宇宙軍の副司令官は警告した。そして米国が未来戦の領域でも優位を保ちたいなら、米政府はカギとなる新鋭技術を大胆に展開するべきだ、と主張した。

 宇宙作戦本部副指令のデビッド・トンプソン将軍は朗報として、国防総省の傘下に近年設立された同軍が、米国の衛星を攻撃する中国の急速な能力向上に対抗するために、そのカギの能力を早く展開する構えを明示している、と明かした。

 トンプソン将軍は今週、ワシントンタイムズとの独占会見に応じ、広範な話題についての見解を提供した。同将軍は、2019年にトランプ前大統領が創設した宇宙軍について、合衆国議会内に異論があることを重視しなかった。

 新設の政府機関は総じて共和党に支持され、民主党からは鋭い批判を浴びてきた。左派の一部には、前政権が宇宙空間の「軍事化」を推進するのに軍を利用していると非難がある。トンプソン将軍は70年も前に米国空軍が創設されて以来、初めて米軍に追加された宇宙軍を取り巻く厳しい政局を一蹴した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

増強進む中国海軍 揚陸艦配備で遠征能力向上、艦艇460隻に -米年次報告

(2021年11月11日)

本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月05日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

米軍、新たな脅威への対抗で苦戦―シンクタンク報告

(2021年10月23日)
→その他のニュース