本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月5日)

2019年10月1日、北京で行われた共産主義中国建国70周年記念パレードで、DF-41弾道ミサイルを搭載した軍用車両が通る中、観客が中国国旗を振っている。


 中国軍は依然として、米国の予想を超える速度で軍備増強を進めている――米空軍参謀本部のクリントン・ヒノテ戦略・統合・調達部長(中将)はワシントン・タイムズとのインタビューで、極超音速兵器など中国軍の軍事力強化に警鐘を鳴らした。

 ヒノテ氏は、「情報機関では、これまで、これほどまでに米国の予測を上回り続けた国はかつてないとされている。ソ連も、北朝鮮も、イランもだ」と指摘。「中国は、経済力を生かして軍事力の強化で成果を挙げており、(8月に実施された)極超音速兵器の試射がその一例だ」と強調した。

 ヒノテ氏は、近年の米軍の軍事演習などは、台湾有事への備えに集中しており、中国の軍事力が予想以上の速度で増強されていることが、その問題の解決をいっそう困難にしていると主張。「(台湾侵攻を)阻止しなければならないが、非常に難しい。台湾は中国の玄関口に位置しており、中国の台湾侵攻は、米軍がキューバに侵攻するようなものだからだ」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

ルビオ、ファインスタイン上院議員、宇宙軍州兵創設法案を提出

(2022年05月15日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)

海軍力縮小計画を非難、対中国には不十分-共和党

(2022年04月22日)

宇宙での中露の脅威警告 米報告

(2022年04月17日)
→その他のニュース