本紙独占:極超音速兵器なども急速に 米軍中将が中国増強に警鐘

(2021年11月5日)

2019年10月1日、北京で行われた共産主義中国建国70周年記念パレードで、DF-41弾道ミサイルを搭載した軍用車両が通る中、観客が中国国旗を振っている。


 中国軍は依然として、米国の予想を超える速度で軍備増強を進めている――米空軍参謀本部のクリントン・ヒノテ戦略・統合・調達部長(中将)はワシントン・タイムズとのインタビューで、極超音速兵器など中国軍の軍事力強化に警鐘を鳴らした。

 ヒノテ氏は、「情報機関では、これまで、これほどまでに米国の予測を上回り続けた国はかつてないとされている。ソ連も、北朝鮮も、イランもだ」と指摘。「中国は、経済力を生かして軍事力の強化で成果を挙げており、(8月に実施された)極超音速兵器の試射がその一例だ」と強調した。

 ヒノテ氏は、近年の米軍の軍事演習などは、台湾有事への備えに集中しており、中国の軍事力が予想以上の速度で増強されていることが、その問題の解決をいっそう困難にしていると主張。「(台湾侵攻を)阻止しなければならないが、非常に難しい。台湾は中国の玄関口に位置しており、中国の台湾侵攻は、米軍がキューバに侵攻するようなものだからだ」と指摘した。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


電磁パルス兵器で米に壊滅的脅威 インフラ直撃で停電、人口9割死亡予測も

(2021年11月25日)

台湾侵略の準備完了、米議会委員会の報告書 前例なき中国の核兵力で高まる威嚇

(2021年11月23日)

中露、米弱体化へコロナ偽情報を悪用-シンクタンク報告書

(2021年11月20日)

中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

増強進む中国海軍 揚陸艦配備で遠征能力向上、艦艇460隻に -米年次報告

(2021年11月11日)

中国が衛星破壊兵器打ち上げか 宇宙ゴミ除去と主張

(2021年10月28日)

本紙独占:宇宙で高まる中国の脅威、宇宙軍の幹部が警告

(2021年10月26日)

米軍、新たな脅威への対抗で苦戦―シンクタンク報告

(2021年10月23日)

米政府機関が国防総省の警告を無視して中国製ドローンを購入

(2021年10月17日)

北ミサイル 中国の「空母キラー」に酷似-国防展覧会で公開

(2021年10月15日)
→その他のニュース