中国、2030年までに1000発の核弾頭を保有か-国防総省報告

(2021年11月13日)

2021年9月29日(水)、ワシントンのキャピトル・ヒルで下院軍事委員会で証言するマーク・ミリー統合参謀本部議長(Rod Lamkey/Pool via AP)


 米国防総省は3日、中国の軍事力に関する年次報告書の中で、中国軍が戦略ミサイル部隊を急速に増強しており、2030年までに最大1000発の核弾頭を配備するとの予測を明らかにした。これは従来の予測の約4倍にあたる。

 マーク・ミリー統合参謀本部議長は、中国の軍事力が急速に拡大していることを示す別の兆候として、中国が最近行った極超音速ミサイルの実験を挙げた。このミサイルは、核を搭載し、地球の極軌道を周回できる。

 ミリー氏は、中国の人民解放軍(PLA)が10年以内に1000個の核弾頭を搭載したミサイル部隊を配備する見込みであることを明らかにしたが、これは、約250個の核弾頭を搭載した中国のミサイル部隊が10年後には倍増すると警告した2020年の情報を大幅に拡大するものだ。中国は昨年、米露との核軍備管理協議への参加を求めるトランプ政権の圧力に強く抵抗した。中国は、自国の核兵器ははるかに少なく、防衛目的だとしている。

 これらの核弾頭は、中国西部で発見された三つの大陸間弾道ミサイル(ICBM)基地に配備される予定の少なくとも350発の新型多弾頭ミサイル「東風41」に搭載される。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


米核戦力の老朽化深刻 中露への対応、近代化が急務

(2022年05月27日)

ロシアが核魚雷を配備へ 「放射性津波」で都市破壊

(2022年05月24日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年05月06日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

中国空軍にロシア人教官 最新鋭機のパイロット養成か

(2022年04月27日)

米韓への圧力強める北朝鮮 核実験の再開間近か

(2022年04月23日)
→その他のニュース