民主党、社会福祉法案の議会承認へ躍起

(2021年11月22日)

ワシントンの米国連邦議会議事堂を覆う暗雲と大雨。2020年8月3日撮影(AP Photo/J. Scott Applewhite, File)


 議会民主党とホワイトハウスは、バイデン大統領の数兆ドル規模の社会福祉法案の費用とその財源確保案に関する報告書の信頼性を削ごうと躍起だ。

 民主党はその一環として、議会予算局(CBO)の報告書の正当性を否定するための活動を展開している。CBOは、法案の財政的影響を分析することを任務とする超党派の連邦機関だが、民主党は、CBOがバイデン氏の社会福祉法案のすべての条項を適切に検証することはできないと主張している。

 このホワイトハウスの迅速な対応を進めているアンドリュー・ベイツ氏は、「CBOは、正直な納税者を利用し、税金をごまかしている富裕層への取り締まりからどれだけの資金が得られるかを分析した経験がない。これはよく知られていることだ」と述べた。

 民主党はさらに、CBOには「欠陥」があり、バイデン氏が以前から主張しているのとは逆に、社会福祉法案の財源が十分に確保されていないと判断する可能性が高いと主張している。

 民主党幹部らは、この主張を支持している。彼らは、CBOの分析結果がよくなければ、ナンシー・ペロシ下院議長が今週中に実施しようとしている法案の通過が頓挫すると心配している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


ロシア疑惑・アフガン撤退めぐりサリバン補佐官に辞任圧力

(2021年11月24日)

IRS増員は、富裕層の税金逃れを促進するだけ-専門家が警告

(2021年11月18日)

バイデン氏のインフラ整備は労働力不足と供給網の問題に直面する

(2021年11月15日)

ペロシ氏、和解案で穏健派に屈し、極左はインフラ法案に反対

(2021年11月11日)

バイデン政権の大企業への国際課税、米国の中小企業に打撃を与える見通し

(2021年11月09日)

バイデン氏の歳出法案は進歩派の行動次第

(2021年11月06日)

黒人有権者は「警察予算打ち切り」要求を拒否

(2021年11月01日)

報道官、バイデン氏の発言で後始末に奔走

(2021年10月29日)

企業への規制強化進めるバイデン政権

(2021年10月27日)

穏健派シネマ上院議員の追い落としをソロスが支援か

(2021年10月22日)
→その他のニュース