マッカーシー院内総務、下院議長目指すも、党内からは不満や中傷

(2021年12月3日)

2021年11月18日(木)、ワシントンの連邦議会議事堂で、民主党の拡大社会環境法案の審議中に下院議場で発言する下院少数派のケビン・マッカーシー(カリフォルニア州)。(House Television via AP)


 フロリダ州のマット・ゲーツ下院議員は、来年の中間選挙で下院の議席が逆転し、共和党が多数派を獲得した場合、ドナルド・トランプ前大統領を下院議長に指名することを目指している。これは、ケビン・マッカーシー下院共和党院内総務の昇格をまだ受け入れていない共和党議員グループがあることを示している。

 共和党のマージョリー・テイラー・グリーン下院議員(ジョージア州)も、マッカーシー氏のリーダーとしての資質に疑問を呈している。グリーン氏は、マッカーシー氏が党内をまとめきれず、バイデン大統領に対抗できていないとして不満を持っている。

 反トランプで知られるリズ・チェイニー下院議員(共和、ワイオミング州)も、再選されてもマッカーシー氏を支持しないと明言、マッカーシー氏は親トランプ派内からも攻撃を受けている。

 しかし、共和党関係者によると、中間選挙で共和党が多数派になれば、マッカーシー氏は下院議長に最も近い位置にいる。

 2006年に初当選したマッカーシー氏は、資金調達の強者であり、前回の選挙では予想に反して民主党の議席を11議席奪い、下院共和党会議の意見をほぼ一致させた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


バイデン大統領の失政

(2022年01月26日)

共和党、議事妨害の規則変更で民主に警告

(2022年01月23日)

新興の保守系SNSに勢い トランプ氏の集会配信

(2022年01月22日)

バイデンはクレムリンに強硬策を、米共和党

(2022年01月21日)

バイデン氏の投票権をめぐる扇動

(2022年01月19日)

バイデン氏の選挙改革法案、上院で頓挫か

(2022年01月18日)

党派政治で民主党も多用していた!議事妨害を516回支持したシューマー議員

(2022年01月17日)

バイデン政権、1年目に候補9人の指名取り下げ

(2022年01月08日)

マンチン議員: 「ビルド・バック・ベター」式社会主義のか弱い門番

(2022年01月03日)

バイデン氏、トランプ氏より速いペースで判事指名

(2022年01月01日)
→その他のニュース