米政府から「ディープ・ステート」の一掃狙う共和党議員

(2022年2月13日)

2021年8月23日、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた下院フリーダム・コーカスの記者会見で、記者からの質問を受けるスコット・ペリー議員(共和党)。(AP Photo/Amanda Andrade-Rhoades, File)


 保守派グループ「ハウス・フリーダム・コーカス(下院自由議員連盟)」の新議長であるスコット・ペリー下院議員は、共和党指導部に対し、米政府全体の中間管理職を支配する党派的な連中を連邦政府機関から排除するよう働き掛けている。

 ペリー氏は、連邦法執行機関を含む大掃除は「必要」だと主張した。

 「われわれの愛する、尊敬され、信頼される法執行機関は、FBI(連邦捜査局)から司法省、一部情報機関まで、トップから腐っている」と、ペリー氏はワシントン・タイムズ紙に語った。「これは米国市民の政府であって、ワシントンの常設官僚機構ではない。失礼なことを言って申し訳ないが、彼らはショーを運営しているわけではない」

 「ディープ・ステート」と呼ばれることもあるリベラルな常設官僚機構は長年、保守派を苦しめてきた。だが、トランプ大統領のホワイトハウス在任中にその批判は一気に高まった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース