マンチン上院議員、一般教書演説中に共和党と同席

(2022年3月6日)

2022年3月1日(火)、ワシントンの連邦議会議事堂で、ジョー・バイデン大統領が初の一般教書演説を行う前に、マーシー・カプター議員(民主党、オハイオ州)に挨拶するジョー・マンチン上院議員(民主党)。右奥はユタ州選出のミット・ロムニー上院議員(AP Photo/J. Scott Applewhite, Pool)。

By Haris Alic – The Washington Times – Tuesday, March 1, 2022

 1日の一般教書演説で、ジョー・マンチンは共和党に接近した。

 ウェストバージニア州の穏健派民主党議員、マンチン氏は議場で、自党の議員ではなく、従来、共和党が座る側の席に座ることを選択した。

 マンチン氏は、ユタ州のミット・ロムニー、ミシシッピ州のロジャー・ウィッカー両議員の隣に座っていた。上院の民主党員で共和党員と同席したのは彼だけだった。

 マンチン氏の広報責任者のサマンサ・ラニョン氏は「マンチン議員は同僚のロムニー議員と一緒に座り、米国民と世界に、米上院では超党派主義が機能し、健在であることを思い出させた」と述べた。

 コロナウイルス規制が続いているため、議場内の座席は制限されていた。

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、同党やバイデン大統領との間に緊張が走る中、同議員は超党派の姿勢を示した。ここ数日、マンチン氏は、ロシアの石油の輸入を禁止しなかったバイデン氏と民主党議員を非難している。

機密文書問題の悪化で、民主党に高まるバイデン批判の声

(2023年01月25日)

司法長官、バイデン氏機密文書調査に特別検察官任命

(2023年01月18日)

下院共和党がバイデン家調査を開始、ツイッター元幹部を召喚

(2023年01月17日)

米下院がFBIの権力乱用と中国の台頭に対抗する委員会を設置

(2023年01月16日)

バイデン氏側近、別の場所でも機密文書を発見

(2023年01月15日)

大部分は再選望まず 共和委員長が世論調査を非難

(2023年01月10日)

米議会、対中政策で連携へ 下院に特別委新設

(2023年01月04日)

共和党上院議員、大規模な歳出法案をめぐり共和党指導部を非難

(2022年12月29日)

出版各社、反トランプの1月6日調査結果の焼き直しに余念なし

(2022年12月27日)

マコーネル議員:トランプが共和党のイメージと支持を下げた

(2022年12月26日)
→その他のニュース