マンチン上院議員、一般教書演説中に共和党と同席

(2022年3月6日)

2022年3月1日(火)、ワシントンの連邦議会議事堂で、ジョー・バイデン大統領が初の一般教書演説を行う前に、マーシー・カプター議員(民主党、オハイオ州)に挨拶するジョー・マンチン上院議員(民主党)。右奥はユタ州選出のミット・ロムニー上院議員(AP Photo/J. Scott Applewhite, Pool)。


 1日の一般教書演説で、ジョー・マンチンは共和党に接近した。

 ウェストバージニア州の穏健派民主党議員、マンチン氏は議場で、自党の議員ではなく、従来、共和党が座る側の席に座ることを選択した。

 マンチン氏は、ユタ州のミット・ロムニー、ミシシッピ州のロジャー・ウィッカー両議員の隣に座っていた。上院の民主党員で共和党員と同席したのは彼だけだった。

 マンチン氏の広報責任者のサマンサ・ラニョン氏は「マンチン議員は同僚のロムニー議員と一緒に座り、米国民と世界に、米上院では超党派主義が機能し、健在であることを思い出させた」と述べた。

 コロナウイルス規制が続いているため、議場内の座席は制限されていた。

 ロシアのウクライナ侵攻をめぐり、同党やバイデン大統領との間に緊張が走る中、同議員は超党派の姿勢を示した。ここ数日、マンチン氏は、ロシアの石油の輸入を禁止しなかったバイデン氏と民主党議員を非難している。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース