バイデン氏の一般教書演説への反応で民主党の分裂露呈

(2022年3月8日)

2022年3月1日(火)朝、ワシントンの米国連邦議会議事堂。ジョー・バイデン大統領は、国家にとって崖っぷちの時に、初めての一般教書演説を行う。バイデンは、国をパンデミックから導き出し、停滞している国内課題を再起動させ、ロシアの侵略に立ち向かうことを目指してる。(AP写真/Mariam Zuhaib)


 民主党の内紛が表面化した。バイデン大統領が1日、一般教書演説を行い、その後に民主党の少なくとも3人の議員が演説を行う。

 党内の穏健派と進歩派の議員ら、さらに中核的な有権者である黒人を代表する1人の議員からの反対の発言が相次いだ。

 民主党の戦略家、コリン・ストローサー氏は「虚栄心の力は強い。党内の一部の人々は、マイクを握りたくてしょうがないようだ。彼らは党のためになることを何一つ考えていない」と述べた。

 演説した議員らは、これは、国内政策と外交政策で新たな課題に直面しているこの国のためのビジョンを打ち出す好機だと主張している。

 ラシダ・タリーブ下院議員は、極左の労働家族党を代表してバイデン氏の教書演説に進歩的な反応を示し、「私の演説は、国民のために、バイデン大統領と、彼の政策『ビルド・バック・ベター(より良い再建)』を支持するためのものだ。メディアのことなど気にせず、大統領と議会と協力するため、私たちが住民に向けて発するビジョンを聞いてほしい」と述べた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース