米連邦議会選に共和党から出馬する黒人候補が最多に

(2022年3月13日)

2021年9月25日、ガーナ州ペリーでの集会で演説する上院議員候補のハーシェル・ウォーカー氏。ウォーカー氏は2021年の最終四半期に米上院選のために540万ドルを調達したと、元フットボール選手の陣営が2022年1月26日(水)に発表した。(AP写真/Ben Gray、ファイル)


 米連邦議会選に出馬している黒人共和党員が今年、過去最多となっている。共和党は、ドナルド・トランプ氏が2016年大統領選で保守基盤を拡大したことでこの傾向が加速したとしている。

 しかし、黒人共和党員は当選しても、民主党が支配する黒人議員連盟に招かれることはないだろうと、同議連のメンバーがワシントン・タイムズ紙に語った。

 共和党全国委員会(NRCC)によると、今年は72選挙区で81人の黒人が共和党員として立候補しており、2020年の選挙サイクルの27人から増加した。

 NRCCのマイク・マクアダムズ報道官は、共和党にとってこの数字は「近代では最多」だと語った。

 共和党の黒人議員は、フロリダ州のバイロン・ドナルズ下院議員、ユタ州のバージェス・オーウェンス下院議員、サウスカロライナ州のティム・スコット上院議員の3人だ。これに対し、民主党は選挙区から55人の黒人議員、コロンビア特別区と米領バージン諸島から2人の黒人代議員がいる。

 新人議員のドナルズ氏は、共和党から出馬する黒人が増えているのは、公職に就く黒人共和党員が増え、黒人社会における長年の汚名が崩れているからだという。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)
→その他のニュース