2024年はブティジェグ?バイデン大統領に取って代われるか

(2022年4月6日)

2021年6月25日(金)、ワシントンのホワイトハウスのイーストルームで行われたプライド月間を記念するイベントで、ピート・バティギーグ運輸長官と握手するジョー・バイデン大統領。(AP Photo/Evan Vucci)


 運輸長官を務めて大統領になった人物は出ていないが、運が良ければピート・ブティジェグ氏によってジンクスが変わるかもしれない。

 大方の見方ではバイデン大統領が2期目を続投しなければ、カマラ・ハリス副大統領が2024年の大統領選挙で民主党候補に最適だ。しかしブティジェグ氏という選択肢が出てきた。

 と言うのも40歳のブティジェグ氏は、1兆ドル相当のインフラ関連支出という、広く支持され、超党派の賛同を得た政策の表の顔になり、その政治的手腕と説得能力を披露できる大舞台に恵まれているからだ。都市部の空港整備や、地方のブロードバンド・インターネットアクセスの拡充といった喜ばしい材料を、米国の隅々に提供しているからだ。

 ブティジェグ氏はインフラ関連法が定めた5,000億ドルもの新規支出を直接担当し、残りの資金もこれまでに割り当てられながら使われなかった予算から改めて割り振られている。

 セントアンセルム大学ニューハンプシャー政治研究所のニール・レベスク常務理事は語る。 「今後の一年間、ブティジェグ氏は全国各地で行われるリボンカッティング行事の名士になるだろう。」

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年05月07日)

保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)
→その他のニュース