バイデン政権の気候変動に対するカルト的対応

(2022年4月14日)

2022年4月6日(水)、ワシントンのヒルトンで開催された北米建築業組合(NABTU)立法会議にて講演するジョー・バイデン大統領。(AP写真/Carolyn Kaster)


 バイデン大統領のホワイトハウスでは毎日、気候変動のために世界は終わると考えることで一日が始まる。気候のことが頭から離れることなしに、一つの政策、一つの行動、一つの声明も出されることはない。

 先週、ロシアの億万長者、ロマン・アブラモビッチ氏がベラルーシで、ロシアとウクライナ間の和平交渉を行っていた時に、目が痛んだり、皮膚がむけたりなどの中毒症状を起こしたという報告がなされたことを例に取ってみよう。2人のウクライナの交渉人も同様の症状に見舞われたと言われている。

 ウォール・ストリート・ジャーナルは、ロシアには人々を毒殺してきた歴史があり、交渉を妨害したかったモスクワの強硬派がやったのだろうと疑った。クレムリンのチームは、2020年にロシアの反体制派政治家、アレクセイ・ナワリヌイ氏を神経ガスで毒殺したが、これは捜査によって結論が出されている。

 疑惑が浮上した直後に、匿名の米国の当局者の言葉がロイターによって引用され、男性らの症状は「環境」要因によるものであると示唆された。つまり、気候変動によるものだと。

 その公式発表のばかばかしさは世界中の笑いものにされた。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

▼この記事の内容が収録

Inside Washington D.C.【定期購読】


環境正義を神格化するバイデン

(2022年05月18日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

バイデン氏の「社会全体の利益」

(2022年05月05日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

警察当局、ハンター・バイデン氏の不適切行為を捜査せず

(2022年05月01日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)

バイデン氏、若年層の支持率が昨年より20ポイント近く低下

(2022年04月29日)

保守系クレカ「コイン」誕生 左翼カード会社に対抗

(2022年04月29日)

マクロン仏大統領、バイデン氏の電話に出ず

(2022年04月28日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)
→その他のニュース