ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年5月2日)

2016年4月23日(土)、ソルトレイクシティで開催されたユタ州共和党2016年指名大会で演説するオリン・ハッチ上院議員(ユタ州選出)。40年以上にわたってユタ州を代表し、史上最長の共和党上院議員となったハッチ氏は、2022年4月23日(土)、88歳で死去した。(AP写真/リック・ボウマー、ファイル)

By Stephen Dinan – The Washington Times – Monday, April 25, 2022

 1993年、クリントン大統領が宗教の自由のための画期的な法案に署名したとき、そのすぐ後ろにオリン・ハッチ氏が立っていた。

 ユタ州出身のモルモン教徒のハッチ上院議員は、ブルックリン出身のチャールズ・シューマー下院議員(民主)と組んで、この法案を成立させた。この法案は、連邦政府が礼拝所に対して乱暴な振る舞いをすることに対する重要な歯止めとなった。

 その数年後、ハッチ氏は、民主党のリベラル派の象徴であるエドワード・ケネディ上院議員(マサチューセッツ州)と手を組み、子供健康保険プログラムを成立させ、何千万人もの子供に保険を提供することに成功した。

 また、同じくリベラル派のヘンリー・ワックスマン下院議員(カリフォルニア州)とも連携し、現代のジェネリック医薬品産業の確立や、タバコの箱に初めて健康上の警告を表示することに成功した。

 今では上院議員、特にハッチ氏のような激しい保守派の議員が、このような協力関係を築きたいと思うとは考えにくいし、したとしても成功することはないだろう。

 ハッチ氏は23日、ソルトレークシティーで88歳で死去した。彼は上院議員を7期務めた後、2019年に引退し、議会の歴史上最も長く在職した共和党議員となった。

 共和党のミッチ・マコネル上院院内総務は25日、「オリンは、若い保守派の扇動者として上院に入った。広く称賛され、誰からも好かれる長老として上院を去った。その遺産として、信念に基づいた大きな勝利、超党派の協力、政界全体にわたる、時には政治を完全に超越した友人らの名が挙げられる」と述べた。

 現在、民主党の上院院内総務であるシューマー氏は、ハッチ氏を「巨人」と呼び、「このような人物がこの議場に現れることは、今後長い期間、ないだろう」と述べた。

 ハッチ氏は、1934年にピッツバーグ郊外で、「質素な境遇」(ハッチ氏の財団)の中で、9人兄弟の1人として生まれた。

 ブリガム・ヤング大学で学び、末日聖徒イエス・キリスト教会の伝道師として2年間を過ごし、1962年にピッツバーグ大学で法学博士号を取得した。1969年に妻のエレインさんとユタ州に移り住み、1976年に初めて上院選で勝利し、議席を獲得した。

 議会では、自らを「オールド・オリン」と呼んだように、他の議員ほどの派手さはなかったが、上院議員の中ではひときわ保守的な経歴を残した。

 マルコ・ルビオ上院議員(共和、フロリダ州)は、「誰にでも好かれ、尊敬されていた。ある意味、一つの時代の終わりであり、上院の一つの時代を反映している」と述べた。

 スティーブ・デインズ上院議員(共和、モンタナ州)は、ハッチ氏をロナルド・レーガン元大統領と比較し、保守的でありながら「頭に血が上っていない」有能な指導者であったと述べた。

 「優雅で気品があり、しかし確固たるリーダーだった」

 バイデン大統領は、ハッチ氏の長い上院議員としてのキャリアと重なる部分が多く、24日に賛辞と、議員としてのハッチ氏のユニークな遺産を称え、ホワイトハウスの声明で、「上院議員としての最大の特典は、真剣に考え、真剣に目的意識を持ち、何かに関心を持つ人々と接することができることだ。オリンがそうだった。彼は、まさに、米国そのものだった」と述べた。

 ハッチ氏はまた、優れた音楽家であり、作曲家でもあり、最新のCDを記者に渡して喜んでいた。

 ミシシッピ州のトレント・ロット元上院議員は、古参議員に与えられる特権だったハッチ氏の「隠れ家」オフィスが、上院の礼拝堂の向かいにあったと回想している。ハッチ氏はそこにピアノを置いており、自作の曲を弾いていたのだろう。

 歌が得意なロット氏は「彼は素晴らしい音楽家だった」とワシントン・タイムズ紙に語った。

 ロット氏は、2005年のブッシュ大統領の就任式で、ハッチ氏の作品の一つ「ヒール・アウア・ランド」を歌手ウィントリー・フィップスさんに演奏してもらうよう手配した。

 米作曲家・作家・出版者協会のポール・ウィリアムズ理事長は25日、ビルボード・コムに、著作権法の強化に貢献した優れた作詩・作曲家としてハッチ氏を賞賛する記事を投稿した。

 ハッチ氏はまた、ユダヤの祝祭ハヌカの歌を作ったこと、そして首にメズザをかけ、イスラエルを断固として支持したことでも、ユダヤ系のメディアから記憶されている。

 障害者団体からは、「障害を持つ米国人法」の制定に貢献したことが評価された。

 キリスト教系メディアは、シューマー、ケネディ両氏とともに可決した1993年宗教的自由回復法への貢献を称えた。この法律は、宗教的慣習に制限を課す連邦政府の動きを阻止する主要な手段となっている。

 ハッチ氏とケネディ氏の協力関係は、ワシントンでは伝説となっており、党派性の強いワシントンで物事を成し遂げる方法の模範として若い議員たちに叩き込まれた。しかし、そこには限界があった。

 ケネディ氏が亡くなったとき、彼の妻はケネディ研究所の役員になる共和党議員を探していた。ロット氏に接触し、ロット氏はハッチ氏に話を聞くべきだと言ったという。

 ロット氏によると、彼女はもう話したと言ったが、ハッチ氏は再選を目指しており、草の根保守運動「ティーパーティー(茶会)」が共和党員を取り込んでいる中で、ハッチ氏にはそのようなポストは必要なかったようだ。

バイデン再選を邪魔するインフレ

(2024年02月24日)

「民主主義を擁護」しつつ、トランプ氏の勝利を否定する民主党の計画

(2024年02月23日)

あまりに少ないハマス人質報道 バイデン政権に配慮か

(2024年02月03日)

テイラー・スウィフト頼み? 低迷のバイデン陣営

(2024年02月02日)

トランプ氏、立候補資格を争うほとんどの裁判で勝訴

(2024年01月29日)

ヘイリー氏、大統領選での勝利に自信 ニューハンプシャー予備選でトランプ氏と一騎打ち

(2024年01月23日)

リークされた与野党の国境政策に保守派が猛反発

(2024年01月20日)

バイデン大統領、判事の多様化推進 LGBT指名も

(2024年01月18日)

バイデン氏再選に黄信号 民主党に危機感

(2024年01月17日)

ギングリッチ氏、トランプ氏収監なら「全米で怒り爆発」

(2024年01月14日)
→その他のニュース