中国、「スパイダーマン」に圧力 「自由の女神」削除を要求

(2022年5月6日)

ソニー・ピクチャーズが公開した画像は、コロンビア・ピクチャーズの "Spider-Man: No Way Home" に出演するゼンデイヤ(左)とトム・ホランド。(ソニー・ピクチャーズ via AP)


 中国政府が、米人気映画「スパイダーマン」シリーズの最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の中国公開の条件として、劇中に登場するニューヨークの「自由の女神」像を削除するよう求めていたことが明らかになった。

 米芸能サイト、パックニュースによると、中国政府は2021年末に、映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに対し、この映画のラストシーンに登場する自由の女神像を削除、または目立たなくするよう要求。ソニー側は「受け入れれば大規模な興行収入を期待できるが、拒否した」という。

 ソニーは、過去のシリーズ2作の中国公開で3億㌦以上の興行収入を得ている。だが、米国の自由の象徴でもある像を削除すれば、中国共産党の圧力に屈したとして批判を受ける可能性があった。

 中国は過去に、米映画配給会社に圧力をかけ、内容を変更させたことがある。11年に、中国軍による米国侵攻を描いた映画「レッド・ドーン」で、登場する中国軍を北朝鮮軍へと変更させている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


北朝鮮・IT技術者が国籍偽りテレワーク-兵器開発を支援

(2022年05月21日)

NATO加盟目指すスウェーデン、フィンランド両首脳を迎えるバイデン大統領

(2022年05月20日)

コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年05月19日)

中国、米・ASEAN首脳会議に警戒

(2022年05月14日)

中国 台湾併合にらみ核増強-米戦略軍司令官が議会証言

(2022年05月12日)

核恐怖時代へ舞い戻る

(2022年05月11日)

中国が経済制裁への対応で緊急会合 台湾侵攻へ準備の兆候

(2022年05月09日)

国務省、ウクライナ戦争の中国発偽情報を批判

(2022年05月07日)

中国 生物兵器戦能力を温存か 禁止条約調印も活動開示せず

(2022年05月03日)

米有力経済誌フォーブスの中国企業による買収に待った

(2022年04月30日)
→その他のニュース