オハイオ州上院予備選で試されるトランプ氏の影響力

(2022年5月7日)

2022年3月28日(月)、オハイオ州ウィルバーフォースのセントラル州立大学で行われた他の共和党員との討論会の後、記者団に話すオハイオ州上院の空席に立候補した共和党員、J・D・バンス氏。(AP Photo/Paul Vernon)


 ドナルド・トランプ前大統領の共和党に対する影響力が、3日のオハイオ州上院予備選挙で試される。トランプ氏の直前の支持表明によって、一時は低迷していたJ.D.バンス候補がトップ争いに躍り出ている。

 ベストセラー「ヒルビリー・エレジー」の著者、バンス氏は、世論調査で前州財務長官ジョシュ・マンデル氏の後塵を拝していたが、共和党候補7人の中で確固たる地位を占め、いくつかの著名人の推薦を獲得している。

 4月、トランプ氏がバンス氏を上院議員候補として支援すると発表すると、バンス氏の政治的将来はかなり明るくなった。トランプ氏は、2016年と2020年の選挙で約8ポイント差でオハイオ州を制しており、依然、共和党から強い支持を得ている。

 FOXニュースが実施した世論調査とバンス氏の政治活動委員会(PAC)が実施した世論調査では、トランプ氏の支持がバンス氏を後押ししているように見える。

 FOXニュースの世論調査では、マンデル氏を支持する有権者が18%であるのに対し、バンス氏は予備選挙で初めて23%を獲得し、リードしていることが明らかになった。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


保守派の大勝利 ディズニーと戦う新星デサンティス知事への支持が拡大

(2022年05月07日)

民主党、米軍の作戦で被害を受けた民間人の説明責任求める

(2022年05月06日)

エイブラムス氏、メディケイド拡大を公約-ジョージア州知事選

(2022年05月04日)

米中間選挙の激戦州でバイデン大統領の支持率が低下

(2022年05月03日)

ハッチ上院議員死去、党派を超えた保守派

(2022年05月02日)

バイデン時代への不信感

(2022年04月28日)

勢いづく共和党、大統領のお膝元でも上下両院の議席を確保?

(2022年04月26日)

議会を奪還すればバイデン大統領を「穏健」にする 共和党幹部が公約

(2022年04月16日)

ハリス副大統領、「好ましくない」が多数-世論調査

(2022年04月11日)

2024年はブティジェグ?バイデン大統領に取って代われるか

(2022年04月06日)
→その他のニュース