コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年5月19日)

2022年3月17日木曜日、北京で、PPEのオーバーオールを着た作業員が、封鎖中のコミュニティの入り口を守っている。「ステルスオミクロン」として知られる急速に広がる亜種は、2020年初頭に武漢市で致命的な初期発生以来、ウイルスを抑えてきた中国のゼロ・トレランス戦略を試している。(AP写真/Ng Han Guan)

By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, May 11, 2022

米国防情報局長「遺伝子組み換えの可能性」

 米国防情報局(DIA)のベリエ局長は、米情報機関の一部で、新型コロナウイルスは実験室で遺伝子操作によって作られた可能性があると考えられていることを明らかにした。米高官が公式の場で、新型コロナが人工的に作られた可能性があることを明らかにするのは初めて。

 ベリエ氏は、上院での証言で今月上旬、新型コロナの発生源については情報が限られ、断片的であるため、米国の17の情報機関の中でも見解が分かれていると指摘する一方で、複数の情報機関が、新型コロナに人の手によって遺伝子組み換えが行われたことを示す情報を持っていることを示唆した。

 DIAの国立医療情報センターは、政府内でも中国の研究所を発生源とする主張に傾斜している。これは、中国軍が行っていた実験に関連する情報の分析に基づいたものとみられている。

 ワシントン・タイムズが入手した中国軍医療専門家による2015年の資料によると、03年に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)は、遺伝子組み換えが行われたコウモリウイルスが原因だったという。「非常に『自然な』状態に近いため、発見、予防、管理が困難」としており、中国でSARSウイルスなどコロナウイルスを使った実験が行われていることを示すものだ。

 また、武漢ウイルス研究所の研究者で「コウモリ女」の異名を持つ石正麗氏らによる13年の学会誌の記事も、新型コロナが遺伝子組み換えで作られた可能性を示唆している。

 この記事は、正氏ら9人の科学者が、人に感染するかどうかを研究するために、コウモリから採取した「SARSウイルス」に似たウイルスに遺伝子組み換えを施したことを明らかにしている。

米大学の外国人留学生数がコロナ前の8割まで回復

(2022年11月21日)

中国が衛星追跡レーダー公開 宇宙戦能力を強化、友好国に売却も

(2022年11月20日)

米中会談、バイデン氏は関与を求め、習氏は拒否

(2022年11月17日)

中国、航空ショーで最新鋭戦闘機を披露

(2022年11月13日)

米軍、豪に爆撃機B52配備へ 中国への対抗鮮明

(2022年11月04日)

コロナは武漢研究所から流出、発生源めぐり新報告-米上院

(2022年11月03日)

「行動派」上将が中国軍事委副主席に就任

(2022年10月30日)

英「孔子学院」閉鎖へ 世界最多30カ所、新首相表明

(2022年10月28日)

台湾防衛能力に「あいまい」はない

(2022年10月25日)

バイデン氏、パンデミックは「終わった」、政権は対応に苦慮

(2022年10月24日)
→その他のニュース