コロナウイルス「実験室で製造」

(2022年5月19日)

2022年3月17日木曜日、北京で、PPEのオーバーオールを着た作業員が、封鎖中のコミュニティの入り口を守っている。「ステルスオミクロン」として知られる急速に広がる亜種は、2020年初頭に武漢市で致命的な初期発生以来、ウイルスを抑えてきた中国のゼロ・トレランス戦略を試している。(AP写真/Ng Han Guan)


 米国防情報局(DIA)のベリエ局長は、米情報機関の一部で、新型コロナウイルスは実験室で遺伝子操作によって作られた可能性があると考えられていることを明らかにした。米高官が公式の場で、新型コロナが人工的に作られた可能性があることを明らかにするのは初めて。

 ベリエ氏は、上院での証言で今月上旬、新型コロナの発生源については情報が限られ、断片的であるため、米国の17の情報機関の中でも見解が分かれていると指摘する一方で、複数の情報機関が、新型コロナに人の手によって遺伝子組み換えが行われたことを示す情報を持っていることを示唆した。

 DIAの国立医療情報センターは、政府内でも中国の研究所を発生源とする主張に傾斜している。これは、中国軍が行っていた実験に関連する情報の分析に基づいたものとみられている。

 
↓ ↓ ↓
→ログイン(定期購読会員として)して全文を読む

※全文をご覧になるには、定期購読会員(個人、法人)、か年間購読会員になる必要があります。

Inside Washington D.C.【定期購読】


米議会、新型核ミサイルの開発承認

(2022年06月29日)

孔子学院 名称変え活動継続

(2022年06月25日)

中国が弾道ミサイル迎撃実験、米国はASAT実験を禁止

(2022年06月23日)

中国軍トップ、急激な核増強は「適切」と主張

(2022年06月21日)

共産主義体制固める中国、バイデン政権は融和へ傾斜

(2022年06月19日)

ネバダ州のリチウム鉱山開発

(2022年06月17日)

新アイフォーンに中国製半導体 米シンクタンクが懸念

(2022年06月12日)

バイデン氏、兵器削減の推進を約束

(2022年06月10日)

フロリダ州の情報操作疑惑

(2022年06月08日)

米北方軍、本土に対する中露北からの脅威は高まっている

(2022年06月06日)
→その他のニュース