中国の宇宙兵器は深刻な脅威 次期宇宙軍トップが危機感

(2022年9月18日)

2022年9月13日(火)、ワシントンのキャピトル・ヒルで行われた国防総省の宇宙作戦本部長・将軍への指名を検討する上院軍事公聴会で質問に答えるブラッドリー・サルツマン中将。(AP写真/Mariam Zuhaib)

By Bill Gertz – The Washington Times – Wednesday, September 14, 2022

 米宇宙軍のチャンス・サルツマン作戦副部長は、中国の宇宙兵器は軌道上の米国のすべての人工衛星を妨害、破壊する能力を持ち、米国にとって最も深刻な脅威との見方を示した。

 サルツマン氏は13日、上院で行われた宇宙軍作戦部長指名をめぐる承認公聴会で、中国が宇宙戦能力を急速に向上させていると主張、「最も差し迫った脅威は、米国の最大の戦略的脅威である中国が、米国の衛星と地上の設備を混乱させ、効果を失わせ、破壊する能力の取得に精力的に取り組んでいることだ」と危機感を表明した。

 宇宙軍は、中露に対抗するため、衛星破壊兵器、指向性エネルギー兵器、誘導可能な衛星の開発を極秘に進めていると言われているが、現在保有する宇宙兵器は、敵の電子機器、通信を一時的に混乱させる電子妨害装置だけだ。

 中露はすでに、衛星破壊兵器の実験を実施しており、中国は、衛星を破壊する能力を持つ地上配備のレーザー兵器などの指向性エネルギー兵器の実験を行っている。

 サルツマン氏は、中国が「過去10年間、毎年打ち上げ回数を倍加させている」と宇宙での作戦能力を急速に増強していることを強調、将来の紛争では、衛星が破壊されるだけでなく、宇宙そのものが戦場になる可能性があるとの見方を示した。

 バイデン政権による一方的な衛星破壊兵器の実験凍結については、「うまくいくとは思っていない」と述べ、最大のリスクは、「米国の宇宙での能力に対抗する中露の意思と能力を過小評価すること」だと警告した。

武力行使せずに台湾併合を目指す中国―米シンクタンク

(2024年05月19日)

中国軍が海洋毒を研究、生物兵器に転用か

(2024年04月27日)

米軍、フィリピンに新型長距離ミサイル配備 中国の主要都市射程に

(2024年04月21日)

バイデン政権、イラン報復阻止に失敗 中国への影響懸念

(2024年04月18日)

第2次大戦で原爆開発の研究所、AIリスクを研究

(2024年04月16日)

「ハバナ症候群」にロシア関与か 米高官らが脳に損傷

(2024年04月09日)

米情報機関、敵国の量子コンピューター開発を懸念

(2024年03月28日)

中国経済低迷で戦争の危険性高まる 米情報長官が警告

(2024年03月14日)

カナダの研究者が中国軍に協力 致死性の高いウイルスを提供

(2024年03月12日)

米国の技術がロシアの戦争遂行能力を後押し

(2024年03月09日)
→その他のニュース