トランプ氏が大統領候補に ギングリッチ氏

(2024年1月9日)

アメリカで投票する不法移民 イラスト:Alexander Hunter/The Washington Times

By Newt Gingrich – – Thursday, January 4, 2024

 ニュート・ギングリッチ元下院議長(共和、ジョージア州)は、ドナルド・トランプ前大統領がアイオワ州とニューハンプシャー州を「席巻」し、最終的に2024年の共和党大統領候補になると語った。

 ギングリッチ氏はFOXニュースの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」で、「(フロリダ州知事の)ロン・デサンティス氏は200人、トランプは7000人だ。これは重要なことを示唆している。そして、アイオワ州の人々は党員集会に関心を持ち、参加するはずであり、トランプ陣営は間違いなく、10万人以上がトランプ氏に投票に行くと決めていることを確認している」と述べた。

 ギングリッチ氏は、共和党の指名争いは1月か2月には終わっているだろうと予測した。

 同氏はまた、2024年の大統領選はトランプ氏とバイデン大統領の一騎打ちになり、前大統領が政策で勝利するだろうと予想した。

 「犯罪は大きな争点になるだろう。経済も大きな争点になり、そのどれをとってもジョー・バイデンは負けるだろう」

 アイオワ州党員集会は1月15日。ニューハンプシャーの予備選は1月23日に行われる。

トランプ氏のリバタリアンへの働き掛け

(2024年06月02日)

民主党がオンライン党大会を検討

(2024年05月18日)

緘口令のトランプ氏、ワシントン・タイムズのコラム読み上げ民主を非難

(2024年05月16日)

バイデン氏の経済政策への支持、2001年以降で最低

(2024年05月09日)

「性自認」も医療保険の対象 バイデン政権が規則公表

(2024年05月08日)

共和党の上院トップ、過半数獲得が最優先

(2024年05月01日)

司法の政治利用やめよ 最高裁、トランプ氏の免責審理

(2024年04月28日)

ケネディ氏は「コントロール不能」、第3の候補に「夜も眠れず」-民主・共和両陣営選挙責任者

(2024年04月26日)

LGBTへの保護を強化、バイデン政権が教育改正法見直し

(2024年04月24日)

陪審員12人選任へ-トランプ氏公判、出廷で行動制限も

(2024年04月19日)
→その他のニュース