トランプ氏が大統領候補に ギングリッチ氏

(2024年1月9日)

アメリカで投票する不法移民 イラスト:Alexander Hunter/The Washington Times

By Newt Gingrich – – Thursday, January 4, 2024

 ニュート・ギングリッチ元下院議長(共和、ジョージア州)は、ドナルド・トランプ前大統領がアイオワ州とニューハンプシャー州を「席巻」し、最終的に2024年の共和党大統領候補になると語った。

 ギングリッチ氏はFOXニュースの「サンデー・モーニング・フューチャーズ」で、「(フロリダ州知事の)ロン・デサンティス氏は200人、トランプは7000人だ。これは重要なことを示唆している。そして、アイオワ州の人々は党員集会に関心を持ち、参加するはずであり、トランプ陣営は間違いなく、10万人以上がトランプ氏に投票に行くと決めていることを確認している」と述べた。

 ギングリッチ氏は、共和党の指名争いは1月か2月には終わっているだろうと予測した。

 同氏はまた、2024年の大統領選はトランプ氏とバイデン大統領の一騎打ちになり、前大統領が政策で勝利するだろうと予想した。

 「犯罪は大きな争点になるだろう。経済も大きな争点になり、そのどれをとってもジョー・バイデンは負けるだろう」

 アイオワ州党員集会は1月15日。ニューハンプシャーの予備選は1月23日に行われる。

「民主主義を擁護」しつつ、トランプ氏の勝利を否定する民主党の計画

(2024年02月23日)

あまりに少ないハマス人質報道 バイデン政権に配慮か

(2024年02月03日)

テイラー・スウィフト頼み? 低迷のバイデン陣営

(2024年02月02日)

トランプ氏、立候補資格を争うほとんどの裁判で勝訴

(2024年01月29日)

ヘイリー氏、大統領選での勝利に自信 ニューハンプシャー予備選でトランプ氏と一騎打ち

(2024年01月23日)

リークされた与野党の国境政策に保守派が猛反発

(2024年01月20日)

バイデン大統領、判事の多様化推進 LGBT指名も

(2024年01月18日)

バイデン氏再選に黄信号 民主党に危機感

(2024年01月17日)

ギングリッチ氏、トランプ氏収監なら「全米で怒り爆発」

(2024年01月14日)

ヘイリー氏、トランプ氏に迫る ニューハンプシャー州で一桁差

(2024年01月11日)
→その他のニュース