米保守派、トランプ氏の香港民主化デモ参加者への消極的反応に異議

(2019年9月16日)

Photo by: Kin Cheung Protesters carry bricks during a demonstration near Central Government Complex in Hong Kong, Sunday, Sept. 15, 2019 as violence flared anew after thousands of pro-democracy supporters marched through downtown in defiance of a police ban. (AP Photo/Kin Cheung)


 米保守派はますます香港民主化運動の主張を支持しており、一部はトランプ大統領の中国政府に対する強硬な貿易姿勢が抗議者たちを奮い立たせている主張し、他方では中国共産党政府による弾圧の脅威の中で行われているこの運動をトランプ政権がより公式的に擁護するように促している。

 長年の中国問題専門家のゴードン・チャン氏はトランプ氏に「内なるロナルド・レーガンになりきる」ように促しつつ、香港民主化運動デモを公に支持すること表明した。デモはかつての英国植民地であり、世界金融の中心地を一ヶ月以上も混乱させている。

Trump Central Review【定期購読】


タブー破る米情報将校の台湾訪問

(2020年11月27日)

保守主義者は、声を上げろ

(2020年11月26日)

米民主党内で対立する派閥、バイデン氏の増税・財政出動策では結束

(2020年11月25日)

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

(2020年11月24日)

パリ協定はカネがかかって益無し

(2020年11月21日)

郵便投票不正の内部告発者、アフガン時代よりひどい扱いを受ける

(2020年11月20日)

ペロシ下院議長、コロナ対策を含む経済対策の義務は民主党にある

(2020年11月19日)

カール・ローブ氏:トランプ氏の法廷闘争で選挙結果は変わらない

(2020年11月18日)

共和党のランクフォード上院議員:バイデン氏が大統領ブリーフィングを受けられないなら介入する

(2020年11月17日)

ネバダ州最大の新聞がトランプ氏に引導

(2020年11月16日)
→その他のニュース